普段、多くの人は特急列車ではなく、通勤電車や近郊列車を利用していると思います。それでは遠く離れたヨーロッパやロシアでの通勤電車・近郊列車事情はどのようなものでしょうか。日本だと特急列車の紹介がメインとなってしまい、あまり知られていないような気がします。今回は私の感想を交えながら、ヨーロッパ・ロシアの通勤電車・近郊列車事情を紹介します(なお、この記事でいう「ヨーロッパ」は私の守備範囲であるドイツよりも東の地域を指します)。

 

ヨーロッパ・ロシアの通勤電車・近郊列車事情 

train201905-1

ヨーロッパの通勤電車はロングシートとボックスシートの混在形が多いように思えます。日本のようにロングシートだけという車両は少数で、地下鉄に限られます。ヨーロッパにおける通勤電車の代表格はドイツのSバーンではないでしょうか。Sバーンは都心中心部と周辺部を結び、地下鉄Uバーンと共に都市交通網の一躍を担っています。ただし、日本とは異なり、急行ではなく、普通列車のみの運行になります。

 

一方、近郊列車は都市と郊外の町を結びます。ただし、ヨーロッパは日本とは国土開発のやり方が異なり、都市圏を出るとすぐ目の前には田園風景が。初めてヨーロッパを訪れる人が近郊列車に乗ると、ローカル線のような印象を抱くかもしれません。

 

ロシアでは通勤電車・近郊列車共にロングシートは見かけません。現在、モスクワではSバーンのような通勤電車網を構築しているため、今後、ロングシートが付いた車両が登場するかもしれません。