食堂車がほぼ全滅した後、鉄道旅行の食事サービスを担ってきたのが車内販売でした。しかし、長年親しまれてきた車内販売に異変が起きています。今回は車内販売の変化に伴う、親御さんの対策法を考えてみます。

 

 

さらに縮小?車内販売に関する最新ニュース 

train201906-1
近年、JRでは車内販売の取りやめが相次いでいます。今年に入り、JR東日本は新幹線・在来線特急列車の車内販売サービスの一部列車の終了と取り扱い品目の見直しを行いました。のあと「なお、車内販売の営業を中止する列車・区間であってもグランクラスサービスは継続されます。 まず、3月15日をもって、車内販売を取りやめた車両は以下のとおりです。

 

新幹線:はやぶさ(新青森~新函館北斗)、はやて(新青森~新函館北斗)、やまびこ、こまち(盛岡~秋田) 在来線:踊り子、日光・きぬがわ・スペーシアきぬがわ、草津、いなほ(酒田~秋田)

 

次に、取り扱い品目を見直す列車は以下のとおりです。

 

新幹線:はやぶさ(東京~新青森)、はやて(東京~新青森)、つばさ、こまち(東京~盛岡)、とき 在来線:あずさ、かいじ、ひたち、スーパービュー踊り子、いなほ(新潟~酒田)

 

取り扱い品目の縮小ではお弁当やサンドウイッチなどの軽食類の販売が中止になりました。一方、ドリンク類やお菓子の販売は継続されます。

 

ところが、新たに車内販売に関するニュースが。6月末日をもって、JR東日本はすべての車両でホットコーヒーの販売を取りやめました。ホットコーヒーが販売中止に追い込まれた背景には売れ残りの取り扱いと衛生管理の難しさが挙げられます。

 

すでにJR北海道の全特急列車や九州新幹線では車内販売が中止されています。「駅ナカ」と呼ばれる駅構内にある店舗の充実により、車内販売の売上は減る一方。また、JR北海道の場合は会社自体の経営の苦しさも背景にあります。いずれにせよ、今後も車内販売の縮小は止まらないでしょう。