戦前(第二次世界大戦以前)の駅舎と聞いて、どのようなイメージを持たれるでしょうか。おそらく、大半の人は純和風の木造駅舎を思い浮かべるはず。確かに、そのような駅が多かったのは事実ですが、中にはステンドグラスを用いるようなモダンな駅もありました。今回は戦前に建てられた個性豊かな駅舎を見ていきます。

 

実は超モダンな駅舎だった、東京駅 

train201906-1

日本を代表する駅と言われると東京駅を思い浮かべることでしょう。東海道新幹線、東北新幹線のみならず、東海道本線、中央本線の起点駅でもあります。実は国の重要文化財に指定されている東京駅丸の内駅舎は戦前に設計されたものをベースにしています。東京駅丸の内駅舎は1914年に建てられました。設計したのは建築家、辰野金吾。東京駅の設計にあたり、イギリスの建築物を参考にし、皇居と向かい合わせになるように配置しました。

 

残念ながら、第二次世界大戦の空襲により駅舎は焼失。戦後、元の駅舎と同じように建てられましたが、高さは3階から2階に。ランドマークであったドーム状の屋根も姿を消しました。開業当初の東京駅が復原されたのは2012年のこと。元の建物に3階が追加され、ドーム状の屋根も復原されました。復原では戦前のデザインに戻すだけでなく、耐震性も増しています。

 

東京駅丸の内駅舎のドームは本当にモダンです。夜間に訪れると美しくライトアップされ、まるでヨーロッパのターミナル駅に迷いこんだよう。一般的に想像される”戦前”とは異なる雰囲気です。

 

train201906-2

また、5番線・6番線ホームには開業当初の柱が保存されています。ギリシャ宮殿みたいな装飾から当時の東京駅の設計に対する情熱が伝わってきます。