今回は千葉県にある私鉄、流鉄(りゅうてつ)を紹介します。とは言っても、関東圏に住んでいる人でも「流鉄」と聞いてピンと来る人は少ないのでは。流鉄はとても短い路線ですが、懐かしい風景に出会える魅力的な路線です。

 

<ひとつ前の鉄道記事を読む>

高野山へ行くなら特急「高山」車両で楽しむ南海高野線

 

そもそも、流鉄とは

train201905-1
流鉄流山線は千葉県流山市の流山駅と千葉県松戸市の馬橋駅を結び、馬橋駅でJR常磐線に接続します。上野駅から馬橋駅までの所要時間は約35分。そのため、流鉄は首都圏への通勤路線としての役割も果たしています。 「流鉄」という会社名になったのは2008年のこと。しかし、路線自体の歴史は古く、営業運転を開始したのは1916年(大正5年)です。関東にある中小私鉄では珍しく、一度も大手私鉄グループの傘下に入らず、独立系の鉄道会社として頑張ってきました。2005年には流山市から首都圏へ直結するつくばエクスプレスが開業。同線の開業により人の流れは変わっているようですが、流鉄は長き伝統を誇りに今日も走り続けています。

 

昭和にタイムスリップしたような路線 

train201905-2
さっそく、馬橋駅から流鉄に乗車してみました。JR馬橋駅から跨線橋を渡り、流鉄馬橋駅へと向かいます。流鉄の馬橋駅の改札前で驚いたことは交通系ICカードが使えないこと。切符は券売機や窓口で購入しないといけません。まず、切符の購入する時点で、昭和レトロを感じます。 しばらくすると、赤色を身にまとった2両編成の電車が入線。前面には「あかぎ」と書かれたプレートが掲げられています。2019年5月現在、流鉄を走っているすべての車両は西武鉄道からの移籍組。それぞれの塗装は異なっており、前面には愛称を記したプレートが貼られています。 車内はほとんど西武時代と変わりません。広告も少なく、昭和時代に浸れる環境が整っています。なお、流鉄はワンマン運転のため、車掌は乗務していません。流鉄は全線単線となっており、途中の小金城址駅で電車のすれ違いを行います。どの駅も列車入線時と発車時は車掌がホーム上でしっかり確認。流山駅では駅舎の外に出て、電車が発車することを伝えます。この人間味こそ、流鉄の最大の魅力かもしれません。馬橋駅を発車すること約10分、電車は終着駅の流山駅に到着しました。このまま馬橋駅へ折り返すのはもったいない!ぜひ、流山駅周辺を観光してみましょう。