注目のキーワード

注目のキーワード
コピーしました
お使いの端末は
この機能に対応していません

タサン志麻さんの「卵ふわふわ!さば缶卵とじ丼」レシピ

家事

2020.09.22

2020.10.05

タサン志麻さんの「卵ふわふわ!さば缶卵とじ丼」レシピ

今や、缶詰の代表選手と言われるほど人気の「さば缶」。リーズナブルなので、まとめ買いする人も多いかもしれません。

 

便利な半面、「いつも同じ味付けになってしまう」という悩みを抱えていませんか?だとしたら、ぜひ試して欲しいのが、卵とじ。卵のおかげで、さば特有の臭みも気にならなくなり、優しい味わいに。

 

気をつけたいのが、卵を入れてからのプロセス。火を通しすぎないことがふわふわ食感の決め手です!卵液は半分入れて鍋にふたをし、残りを入れたらすぐに火を止めて、余熱で火を通しましょう。

 

「先に野菜を煮て、ある程度味を完成させておくのもポイントです。缶の汁にもうまみがたっぷり詰まっているので、ぜひ活用してくださいね」(志麻さん)

 

ご飯に染み込むだしも最高!

材料(1人分)

さば味噌の缶詰
1缶
2個
玉ねぎ
1/8個
ごぼう
5cm
にんじん
1/5本
めんつゆ
大さじ2
ご飯
1膳分
小ねぎ
適量

作り方

1. 卵はボウルに割り入れて溶きほぐす。玉ねぎ、ごぼう、にんじんを細切りにし、めんつゆ、水200cc(分量外)とともに鍋に入れて火にかける。

2. ①の鍋の水分が3分の1ほどになり、野菜がやわらかくなったら、さば缶を缶汁ごと入れる。

3. ②に卵液を半量を入れてふたをし、残りの卵液も入れてすぐに火を止める。

4. 器にご飯を盛り、それぞれ③をのせて、3cm長さに切った小ねぎを散らす。

 

 

Profile タサン志麻さん

連日満席のフレンチレストランやフレンチビストロで約15年間、料理人として腕をふるう。2015年に家政婦に転身し、家にある材料で作る、フレンチメインの作りおきおかずが評判となり、テレビや雑誌に多数出演。それぞれの家庭のライフスタイルに合わせて、好みの味に仕上げるのが志麻さん流。フランス人の夫、2人の息子、2匹の猫と暮らしている。

 

<<前へ戻る 次へ進む>>

 

 

料理製作/タサン志麻 撮影/松村隆史

あなたにオススメの記事

家事テーマ : 【簡単レシピ】その他の記事

簡単レシピ
もっと見る