注目のキーワード

注目のキーワード
コピーしました
お使いの端末は
この機能に対応していません

30代が焦って「マイホーム」を買ってはいけない理由

マネー

2020.08.12

安易に家を買おうとする親を止める子供

「マイホームをいつ買うべきか?」。賃貸暮らしの夫婦なら、一度は悩んだことがあるでしょう。マンションの長期ローンを組むならそろそろ買い時と考えたり、子どもがいると防音性の高いマンションや階下の住民に気を使わなくていい一軒家に住みたくなります。

 

しかし、「30代夫婦はあせってマイホームを買わないほうがいい」と断言するのが、家計再生コンサルタントの横山光昭さんです。その理由は横山さんの実体験からきていました。

家族が増えたり、転職の可能性はありませんか?

 なぜ、30代夫婦はマイホームをあせって買わないほうがいいのでしょうか? それは、「ライフプランが定まらないうちに買うと、失敗することが多いから」です。

 

たとえば、マイホームを買った段階では「子どもは1人」の予定だったけど、実際は2人、3人になる可能性は十分にあります。そうなった場合、「この間取りでは狭すぎる」となりかねません。

 

また、予期せぬ転勤や転職などで引っ越すこともあり得ます。家を放置しておくとお金が出ていくだけなので売るか、貸すかしたいところですが、よほど立地が良くないと、高値では売れませんし、貸せません。

 

安値で売却すると、住宅ローンをすべて返すことができず、追加で返済金を用意しなければならなくなります。たとえばローンの残りが3000万円あった場合、2000万円でしか売れなかったとしたら、残りの1000万円を現金で支払う必要が。これは極めて痛い出費です。

 

>>NEXT 横山さんがハマった「マイホーム購入の落とし穴」とは?

1 / 2 ページ

あなたにオススメの記事

マネーテーマ : 【家計管理】その他の記事

家計管理
もっと見る