春雨スープ

「ごはんと旅は人をつなぐ。」をテーマに、おいしいごはんや素敵な旅を通じて、人と人を繋ぐ。そんな活動をしている料理家・ダーダこと山田英季さんによる、連載エッセイ。

 

山田さんが「とにかく、今これが食べたい気分」な美味しいレシピを、作っているときの熱量も一緒にお届けします。

#16 寒さに負けない春雨スープ

玄関のドアを開けて、ピューという冷たい風にあたると、すぐさま家に戻りたくなる近頃ですが、みなさまは風邪などひかれていないでしょうか?

 

ぼくは、今の所、元気にすごしています。

 

さて、寒い日に負けないためにも温かいスープを作りたいと思います。

 

名付けて「寒さに負けない春雨スープ」です。

 

くし形切りにした玉ねぎ

まずは、玉ねぎを薄切りにします。スープに入れる玉ねぎは、甘くなって心をポカポカにしてくれますね。続いて、同じくポカポカ食材のしょうがをせん切りにします。

 

手羽中を鍋で煮込むところ

切るものはこれだけなので、鍋に合わせだし(だしパックを使うと便利です)、日本酒、手羽中、玉ねぎ、しょうがを入れて、強火でひと煮立ちさせたら蓋をして、弱火で15分煮込みます。

 

スープに春雨を加えるところ

煮込み終わったら、しょうゆ、コチュジャン、黒こしょう、ごま油、春雨を加え、ひと煮立ちさせたら、溶き卵を回し入れ、1分ほど煮込みます。

 

スープに溶き卵を加えるところ

煮込みすぎると春雨のコシがなくなるので注意です。

 

器に盛りつけて、あれば青ねぎをかざりましょう。

 

手羽中を摘んで食べ、スープをすすり、春雨を食べる。コチュジャンとしょうがが、どんどん体を温めてくれる感覚に、湯船に浸かっているような幸せを感じてしまいます。

2月の台所三箇条

    • 寒いと思ったら、スープを飲みましょう
  • 2月はしょうがをたっぷり食べましょう
  • それでも温まらないときは、無理せず、家でぬくぬく過ごしましょう

「寒さに負けない春雨スープ」

春雨スープ

本日の材料 ふたり分 (調理時間:30分)

・手羽中……………180g
・玉ねぎ……………1/4個
・しょうが…………5g
・たまご……………2個
・青ねぎ……………1本(無くてもOK)
・春雨………………30g 
・合わせだし………800㎖ 
・日本酒……………大さじ2
<A>
・しょうゆ…………大さじ1と1/2
・コチュジャン……大さじ1/2
・ごま油……………小さじ1/2
・黒こしょう………少々

作り方

①玉ねぎは薄切りにする。しょうがはせん切りにする。
②鍋に合わせだし、日本酒、手羽中、❶を入れ、ひと煮立ちさせたら、ふたをして弱火で15分煮る。
③❷に<A>、春雨を入れ、沸騰したら、溶き卵を加える。
④器に盛りつけて、あれば青ねぎの小口切りをのせる。

料理製作・文・写真/山田英季 構成/松崎愛香