子どもの頃に高校野球で一番印象に残っているのは「荒木大輔さんでした」と話す井森さん

「この年齢になると叱ってくれる人がいないんです」と、話す井森美幸さん。今年で芸能活動37年目を迎えた彼女が、つねに自分自身を見つめ直せるのが「高校野球観戦」と公言。人生観さえ一変させた“高校野球”への愛について、井森さんが語り尽くします!

甲子園で鳥肌ものの名試合を観戦して“高校野球沼”に

── 趣味が「野球観戦」という井森さんが、「高校野球」を好きになったきっかけは?

 

井森さん:
私の子どもの頃は、テレビで野球中継を観るのが日常の当たり前の光景だったんです。

 

夕食をとりながらプロ野球を観る環境は、うちだけじゃなくて周りのみんなもそうだったと思います。

 

生活の中に、野球が入り込んでいたんですよね。高校野球も夏になると、朝からずっと家のテレビで流れていました。

 

15歳の終わりに上京してからは、寮で自分の部屋にテレビを置けないルールがあったので、一時期、野球を観ることから離れていたんです。

 

ただ、ひとり暮らしをしてからはプロ野球や高校野球をテレビで観るようになりました。

 

なかでも、「熱闘甲子園」が好きで、負けたチームにもスポットがあたるところに心が揺さぶられたというか…。それがどっぷり高校野球にハマるきっかけだったかもしれません。

 

── 試合に出ているチームの分だけ、ドラマがありますよね。

 

井森さん:
そうなんです。私たちが中継で観ていたのは、主に試合での選手の姿ですけど、その裏側やこれまでの過程も見せてもらえたことで、興味がより湧きました。

 

「いつか甲子園で観戦したい」と思いながらなかなか行く機会がなかったんですが、2013年にいとこがよく観に行っていたことを知って、一緒に行ったんです。それから、毎年、行くようになりました(笑)。

 

── 高校野球にハマるきっかけとなった、2013年はどんな年だったんですか?

 

井森さん:
この夏の甲子園は、地元・群馬の前橋育英が初出場して初優勝した年だったんです。現・埼玉西武ライオンズの髙橋光成選手が2年生エースでした。

 

私は、準々決勝の試合を観に行ったんです。その試合、前橋育英は常総学院に9回裏まで負けていたんですが、2アウトランナーなしから、同点に追いついたんですよ。

 

私は「この状況だったら、何となくもう終わりかな」と思って観ていました。でも、そこから同点に追いついて…。結果、逆転勝ちしたんですよね。

 

試合が終わって、「あの瞬間、グラウンドで諦めたのは私だけかもしれない」とも思いました。

 

球場にいると、テレビでは伝わらない温度を感じるんです。初観戦したときに、「観客も一緒に試合をつくっている」と感じました。

 

あの熱気のなかで、奇跡を目の当たりにしたときに、これはやっぱり、毎年観に行く価値があると思ったんですよね。

 

今は、春も夏も甲子園に観に行っています。もう、本当にいいんですよ!大人になったからこそ見える高校野球の良さみたいなものがあるんですよね。