注目のキーワード

注目のキーワード
コピーしました
お使いの端末は
この機能に対応していません

【心理学】気にしすぎは〝体質〟なのか?「対人関係に悩みやすい人」の傾向

女性の健康

2020.01.22

「対人関係に悩みやすい人」の心で起こっていること

 

iStock.com/metamorworks

 

「対人関係に悩みやすい人」の心の中では、どんなことが起きているのでしょう? 主な2つを解説します。

 

<1>「帰属エラー」を起こしている

帰属エラーとは、物事の原因や背景を「間違って理由づけてしまう」ことです。

他人の顔色を伺いやすい人は「あの人の不機嫌は自分のせい」「あの人の怒りは自分のせい」と考えてしまいがち。

「自分のせい」ではないものまで自分のせいにして、常に他人の顔色を伺い、自ら疲れてしまうのです。

 

<2>周りに合わせて無理を続ける

自己肯定感が低い人は他者の評価を気にして、誰かに認めてもらえないと「私の存在意義は?」とまで考えてしまいがち。

自信がないので自分の思いや考えを飲み込んで、世間の常識や場の空気を優先して、周りに合わせてしまいます。

それでも無理を続けてしまうので、対人関係が煩わしくなり、溜め込んだ感情が爆発することも少なくありません。

 

>>NEXT 対人関係に悩まないためにどうしたらいい?

2 / 3 ページ

あなたにオススメの記事

女性の健康テーマ : 【メンタルヘルス】その他の記事

メンタルヘルス
もっと見る