コピーしました
お使いの端末は
この機能に対応していません

息苦しさも「巻き肩」が原因?! 背中の筋肉が〝伸びて前かがみ〟で固まると…

女性の健康

2020.02.27


巻き肩によって起こるデメリット

 

「巻き肩」になると、さまざまな体の不調が起こると考えられています。具体的に説明します。

 

iStock.com/Cecilie_Arcurs

 

1.首こりや肩こり

巻き肩になると、首や肩の周辺にある、次のような筋肉が引き伸ばされてしまいます。

●僧帽筋(そうぼうきん)
●肩甲挙筋(けんこうきょきん)
●小菱形筋(しょうりょうけいきん)

●大菱形筋(だいりょうけいきん)

引用: AC Photo

 

 

この状態が続くと首や肩の血流が悪くなり疲労してしまうため、首こりや肩こりに発展します。

また、慢性的な首や肩のこりは、頭痛や手のしびれなどの原因になる可能性もあります。

2.呼吸がしにくくなる

巻き肩になると、胸の前面にある大胸筋(だいきょうきん)や小胸筋(しょうきょうきん)が硬くなり、肋骨の動きも悪くなることが考えられます。

すると肺の膨らみが悪くなり、呼吸がしにくくなるため、効率的に酸素を取り込むことができなくなるのです。

酸素をしっかりと取り込めないと、疲れやすかったり、免疫力が低下したりといった不調につながってしまいます。

 

3.姿勢が悪くなる

巻き肩になると、頭が前に出て背中が丸まりやすくなるため、猫背やストレートネックを引き起こす可能性があります。

また姿勢が悪くなることで、腰痛や体のたるみ、ボディラインの崩れに発展することもあるでしょう。

 

 

>>NEXT 巻き肩は「セルフチェック」できます

2 / 4 ページ
あなたにオススメの記事

女性の健康テーマ : 【生活習慣】その他の記事

生活習慣
もっと見る