注目のキーワード

注目のキーワード
コピーしました
お使いの端末は
この機能に対応していません

タサン志麻さんの「お肉たっぷりボロネーゼ丼」レシピ

家事

2020.08.18

2020.08.30

タサン志麻さんの「お肉たっぷりボロネーゼ丼」レシピ

大人も子どもも大好きなミートソース。ほどよい酸味とお肉の旨味の絶妙なコンビネーションは、たまに無性に食べたくなる味です。トマトが嫌いでもミートソースは大好き…という子もいるくらいですから、なんと偉大なメニューでしょうか。

 

「少し時間がある時にたくさん作っておいて、パスタだけじゃなく、どんぶりの具としても活用しましょう。ドリアにしてもいいけれど、夏は手軽にご飯にのっけるだけでも美味しいですよ」と志麻さん。

 

材料は少なくシンプルなプロセスで、手間はかけずにちゃんとおいしい…その秘密は、玉ねぎとにんにく、ひき肉をじっくり炒めること。強火で手早く火を通すより、弱火で時間をかけて炒めたほうがおいしくなる…それが志麻さんのレシピの真骨頂です。仕上げにとろりと溶けるチーズでコクをプラスするのもお忘れなく。家族みんなでほおばりたい幸せの味がそこにあります。

 

急な「お腹すいた!」にぴったり

材料(2人分)

合いびき肉
250g
玉ねぎ
1/2個
にんにく
1かけ
コンソメ(固形)
1個
トマト缶
1缶
ケチャップ
大さじ2
塩・こしょう
各適量
オリーブオイル
大さじ1
いんげん・ブロッコリー
各適量
温かいご飯
2膳分
ピザ用チーズ
好みの量

作り方

1. 玉ねぎとにんにくはみじん切りにする。

2. 鍋にオリーブ油を中火で熱し、①を入れて炒める。しんなりしたらひき肉を加える。

3. ひき肉の色が変わったらコンソメ、トマト缶、ケチャップを入れて煮詰め、塩・こしょうで味をととのえる。

4. いんげんと小房に分けたブロッコリーはサッとゆでる。

5. 器にご飯を均等に盛り、それぞれに③を盛り付けてピザ用チーズを散らし、④を添える。

 

Profile タサン志麻さん

連日満席のフレンチレストランやフレンチビストロで約15年間、料理人として腕をふるう。2015年に家政婦に転身し、家にある材料で作る、フレンチメインの作りおきおかずが評判となり、テレビや雑誌に多数出演。それぞれの家庭のライフスタイルに合わせて、好みの味に仕上げるのが志麻さん流。フランス人の夫、2人の息子、2匹の猫と暮らしている。

 

<<前へ戻る 次へ進む>>

 

 

料理製作/タサン志麻 撮影/松村隆史

あなたにオススメの記事

家事テーマ : 【簡単レシピ】その他の記事

簡単レシピ
もっと見る