コピーしました
お使いの端末は
この機能に対応していません

新潟のお土産「まるで絵本の世界を再現したようなお菓子たち!!」

ライフスタイル

2020.10.05

かわいいものを探すのが大好きな文筆家の甲斐みのりさんに「かわいい」「おいしい」「心に残る」の3拍子がそろった“手渡したら確実に喜んでもらえる”ご当地のおみやげを「3つだけ」厳選してもらう連載。

 

さらに、忙しいママたちのために、3つのうち、少なくとも1つは必ず「遠方からもお取り寄せできるもの」を選んでもらいました。「忙しくてご当地に行っているヒマがない!」というママでも、手に入れることができますよ。

 

今回の記事で甲斐さんがご紹介してくれるのは、“大人も子どもも楽しめる”【新潟県】のおみやげ3選です。

\ 甲斐みのりさん的/「新潟」のお土産


日本海に面して南北に長い新潟県。

 

海のめぐみとともに、誰もが知る米どころで、おいしい日本酒もたくさん。

 

新潟に所在する新幹線駅には、日本酒が飲み比べできるスタンドがあったり、お酒好きにはたまりません。

 

さらには大人だけでなく、子どもが喜ぶおみやげ菓子もいろいろあります。おにぎりをかたどったものや、夢がいっぱい詰まった和菓子まで。絵本の中の世界を再現したような、見て食べて楽しい、ユニークなおみやげを見つけました。

 

1:【取り寄せ可】新潟賛菓おむすびころり/ル・ポワロン・ビス 5種5個入り 1,100円(税込)

昭和13年より新潟市で洋菓子を販売している老舗「ル・ボワロン・ビス」の3代目パティシエにより考案された、米菓子とフランス菓子を掛け合わせて作られた新しいお菓子。新潟が誇るお米・こしひかりを使ったおにぎり形のクッキーには、こだわりの海苔や具材がトッピングされています。味は、ごま塩、梅しそ、生姜バニラ、焼むすび、チョコむすびの5種類。

 

味へのこだわりはさることながら、特筆すべきはビジュアルのユニークさ。写真では少し伝わりにくいかもしれませんが、こちらのパッケージのサイズは、両手で抱えるほど!新潟市おみやげコンクール最優秀賞を受賞もしています。

 

「見た目がおにぎり型、そして米粉のクッキー、と新潟らしさが詰まったお土産です。新潟はお米がおいしい土地なので、お米にまつわるものをお土産にあげたいものです。お土産に持って帰るにはお米だと重かったりもしますが、お米のお菓子なら気軽に持ち帰ることができます。ユニークなビジュアルで、食べるほうも差し出すほうも驚き、楽しい。そんな特別感のあるお土産としてぜひ」

 

新潟賛菓おむすびころり

  • 販売店:ル・ポワロン・ビス
    新潟県新潟市南区白根1245-1
  • 通販:可。公式サイトにて
  • 問い合わせ先:0225-372-2674

 

2:【取り寄せ可】おいしいおえかき/越乃雪本舗大和屋 1,782円

1778年創業。お茶の席などにも用いられるお干菓子をメインに製造販売している越乃雪本舗大和屋の人気お菓子「おいしいおえかき」。見た目はクレヨンそのものですが、和三盆糖を用いたお干菓子です。日本の伝統色をモチーフとし、わさんぼん(プレーン)、ラムネ、みかん、ぶどう、ゆず、まっちゃ、さくら、こくとうの8種類の味が楽しめます。こちらは春夏仕様ですが、季節によって秋冬仕様に変わります。

 

越乃雪本舗大和屋には、ほかにも見た目にかわいいお菓子がたくさん。積み木をモチーフにした琥珀糖のお菓子「こはくのつみき」や、おはじきをモチーフにした有平糖「あまいおはじき」、万華鏡をモチーフにした琥珀糖のお菓子「万華鏡のかけら」など、昔懐かしいおもちゃが美しいお菓子となっています。

 

「以前にいただいたことがあり、『クレヨンがお菓子に?!』と、とても驚きました。昔ながらのおもちゃをモチーフにしているシリーズは、子どもは珍しく、親は懐かしみ…と、親子一緒に楽しむこともできそうですね。お菓子を食べながら遊べて、家族みんなでワイワイ楽しみながら味わえる。見て感動があり、さらに物語があるお菓子で、とても素敵だと思います」

 

おいしいおえかき

  • 取扱店:越乃雪本舗大和屋
    新潟県長岡市柳原町3-3
  • 通販:可。公式サイトにて
  • 問い合わせ先:0258-35-3533

 

3:【取り寄せ可】 浮き星 はくちょう/ヒッコリースリートラベラーズ 各410円(税込)

もち米(あられ)に砂糖蜜をかけた新潟の伝統的なお菓子。一見、コンペイトウのように見えますが、中身はあられ。甘さ控えめで素朴な味です。明治33年創業の老舗・明治屋さんにより作られたものをより現代の人にも楽しんでもらえるようにという思いから、さわやかな色合いにして新潟に毎冬飛来する白鳥のかわいいイラストを添えて、「浮き星(うきほし)」として、リデザインされました。

 

そのまま食べることもできますが、もともとはお湯や水を注いで飲みものと一緒に食べられていたもの。水に浮かべると数秒で周りの砂糖が溶け、中心にあるあられがぷかぷかと浮いてきます。フレーバーは全部で10種類あるので、飲み物との相性をいろいろと試すのもおもしろいです。

 

「あられを使った、米どころ新潟らしいお土産。そのまま食べることもできますし、ジュースやお茶、水、炭酸水などいろいろな飲み物に入れても楽しい。アイスクリームのトッピングにしても、すごくかわいい。いろいろと、アレンジが楽しめます。伝統のお菓子が現代風にデザインされることでより多くの人に愛されて、とてもすてきな試みだと思います」

 

浮き星 はくちょう

  • 販売店:ヒッコリースリートラベラーズ
    新潟県新潟市中央区古町通3-556
  • 通販:可。公式サイトにて
  • 問い合わせ先:025-228-5739

 

<<前へ戻る 次へ進む>>

この特集の記事一覧に戻る

 

PROFILE 文筆家・甲斐みのりさん

旅、散歩、お菓子、パン、手みやげ、クラシックホテルや建築、雑貨や暮らしなどを主な題材に、書籍や雑誌に執筆。和歌山県田辺市、宮崎県川南町など、地方自治体の観光案内パンフレットも手がける。著書は『全国かわいいおみやげ』『気持ちが伝わるおいしい贈りもの』『アイスの旅』など40冊以上。公式サイト

取材・文/松崎愛香 撮影/田尻陽子 イラスト/網中いづる


※掲載情報は取材時のものです。新型コロナウイルスの影響で変更がある可能性があるので、最新情報はHPなどでご確認ください。紹介している商品の取り扱い、在庫の有無についてはお近くの店舗に直接お問い合わせください。

KEYWORDS関連キーワード
あなたにオススメの記事

ライフスタイルテーマ : 【ショッピング】その他の記事

ショッピング
もっと見る