銀座でインタビューを受ける小田茜さん
銀座でインタビューを受ける小田さん

 

小学6年のときに「全日本国民的美少女コンテスト」でグランプリを獲得し、歌手や女優として華々しく活躍してきた小田茜さん(43)。

 

結婚、出産、離婚を経験してヨガインストラクターとして12年ぶりに表舞台に戻ってきました。

 

これからの40代をどう過ごしていくか、夢や目標を語ります。

人様に教えるなんてとんでもない!

──最近はヨガ資格も取得し、企業向けに教えたりもしていますが、どういう経緯で始めたのですか?

 

小田さん:

離婚後、子育てにも余裕ができて、自分の心身を整えるために始めましたが、どんどんのめり込んでしまいました。


それを人様に教えるなんて、とんでもない!と最初は思っていたのですが…。

 

ティーチングトレーニングを受けたことがきっかけで、ヨガの指導者も目指すことにしました。

 

女優業のときにしていたイメージトレーニングで、インストラクター役に入り込み、今ではある程度、様になっていると思います。

 

技術や知識は、これからも学び続けなくてはいけませんが。

 

ヨガのRYT200を修了し、インド政府公認プロフェッショナルヨガ1級の資格をもつ小田茜さん
ヨガのRYT200を修了し、インド政府公認プロフェッショナルヨガ1級の資格をもつ小田さん

表現欲が出てきて…

──芸能界に復帰しようと思ったきっかけを教えてください。

 

小田さん:

ヨガを続けていくなかで、精神が安定してきたからなのか、表現欲が出てきたのか、また女優業をやりたいと思い始めました。

 

私は小学4年生のころには“女優になりたい”と思っていましたが、そのころの気持ちがよみがえってきたのです。

 

──離婚したのは、ヨガや芸能界復帰とは関係がありますか?

 

小田さん:

まったくないです。今となっては、理由はひとつではなく、何が原因で離婚したのかもわからないくらいです。

 

夫が仕事柄、不在にしていることも多かった寂しさもありますし、徐々に心のすれ違いが積み重なったというか…。

 

でも、今も3人で会うことはあるので、コミュニケーションはとれていると思います。

銀座でインタビューを受ける小田茜さん

気乗りしない仕事もありましたが…

──これからどんな40代を目指したいですか?

 

小田さん:

母親としては、息子のよき理解者としてサポートしていきたいですね。

 

仕事の面では、ヨガの指導だけではなく女優として頑張っていきたいです。

 

デビュー当時は、演技経験もなかったので、“アイドル”としていろいろな仕事をさせてもらいました。


当時は正直、気が乗らない仕事もありましたが、それが今の私にすべて活きていると思います。

 

30代の北海道での生活の経験も含めて、女優業に活かせればと思っています。

 

PROFILE 小田 茜さん

1978年、栃木県生まれ。俳優。ヨガインストラクター。全日本第4回国民的美少女コンテストでグランプリ。ドラマ『いちご白書』『ピュア・ラブ』などで主演。

取材・文・撮影/CHANTO WEB NEWS 写真提供/小田 茜(Instagramより) 協力/Asiatique銀座店