2019.07.02

いまさら聞けない?電話応対のマナーいろいろ


会社の印象を大きく左右する電話応対には気を使うものです。電話応対には色々なマナーがあります。

マナーを知らないために、気がつかないままマナー違反をしてしまっていることもあるかもしれません。

そこで、ビジネスシーンならではの電話応対マナーをピックアップしてみることにしましょう。

◆電話応対の準備

まずは、電話応対をする際に必要な準備からチェックしておきましょう。以下のポイント電話をかけるとき、受けるときどちらにも必要なことになります。

・メモ帳と筆記用具

電話をかけるときにも受けるときにも、手元にメモ帳と筆記用具を置いておくことは、基本中の基本です。最近では、PCのメモ機能を使う方も増えて来ているようです。

・明瞭な声とトーン

電話で話をするときには落ち着いた明瞭な声とトーンで話すことを心がけるようにしましょう。どんよりとした暗い声は、相手が聞き取りにくいだけでなく、あまり良い印象を与えないものです。

・会社の顔としての意識を持つ

電話応対をするときには、会社の顔として電話の受け答えを行っているという意識を持って対応することが大切です。顔が見えないからこそ、より丁寧で礼儀正しい対応が必要になると言えるでしょう。

佐藤 仁美

佐藤仁美です。
仕事をしながら子育て中です。日常にある疑問や発見を調べて解決して、記事にまとめています。