2019.07.11

大企業病が憂鬱…マンネリ化で非効率な我が社の業務にうんざり

事業が安定している会社ほど危険!?


大企業病に対して様々な意見が飛び交っていましたが、なぜマンネリ化状態の企業が発生するのでしょうか? 原因について「事業が安定していると、チャレンジ精神がなくなって現状維持にとらわれるよね」「ルールに固執しすぎるせいで、意思決定が遅れたり自由な発想がしづらくなるんじゃない?」「大企業に限らず、社員数が多い会社は管理体制がずさんになりがちだと思う」などの意見が寄せられていました。

 

また、大企業病を克服する方法として「多少ルールを破ってでもものごとを進めるべき。全て周りに合わせてたらチャレンジ精神もなくなって、一生脱却できないよ」「責任を取りたくない人が多いなら、『自分が責任を取るから1度やらせてほしい』とお願いするのもありかも」「マンネリ化した雰囲気を壊すために、社員間でのコミュニケーションを意識してみて。意見が通りやすい会社になれば、変革にも繋がりそうだよね」というアドバイスがあがっています。中には「基本的に会社の決定権を握っている人たちが考えを改めないと無理だと思う。自分でどうしようもできない時は、転職も視野に入れてみたら?」といった意見も。

 

>>NEXT 大企業病で社内コミュニケーションが希薄に…

≪ BACK 1

2

3 NEXT ≫

古山翔

娘2人と息子1人を抱えて奔走するパパライター。夫婦それぞれの仕事を充実させつつ、趣味の時間も確保するために家事や子育てのアップデートを欠かさない。自身は完全インドア派だが、アウトドア派の妻と元気な子どもたちに影響されてピクニックやキャンプをするようになった。