注目のキーワード

注目のキーワード
コピーしました
お使いの端末は
この機能に対応していません

中学受験の塾代は200万円!?早めの対策で“教育費破産”は避けられる

マネー

2020.07.12

私立中学の費用はどれくらいかかる?

晴れて合格すると、今後は学費の支払いが待っているわけですが、私立中学に入学した場合、どれくらいの費用がかかるのでしょうか?平成30年度「子供の学習費調査」によると、私立中学校の1年間の学習費用は、1406,433円とのこと。

 

内訳を見てみると授業料約43万円、学校納付金約31万円、修学旅行・遠足・見学費が約8万円。これらの費用が高いのは容易に想像がつきますが、意外に負担となっているのが通学関係費約14万円。有名校に合格した場合には、家からの距離に関係なく通うケースが多いということでしょう。こういった費用が3年間かかり続けるということです。

 

参考/文部科学省 平成30年度子供の学習費調査の結果について

 

ちなみに、学校外活動費を見ると約33万円で公立中学(約31万円)とほとんど差がありません。中学3年生の補助学習費では私立中学は約26万円、公立中学は約36万円となっており、高校受験がない私立の中高一貫校の方が費用の負担が少ないことがわかります。

 

塾代の負担が減るのは助かるところではありますが、私立中学に通うとなると、家計への負担はかなり重いですね。

 

中学受験をする際、「希望の私立中学に受からなかったら公立に行けばいい」と当初は考えていても、結果的にスベリ止めの私立中学へ進学し、よほどのことがない限り公立には進学しないケースが多いようです。

 

ですから、一度中学受験のための塾に通い始めたら、私立中学に通うというプランで学費をシミュレーションしておいた方がよいでしょう。

 

>> NEXT  私立中学に通わせる親の平均年収は?

2 / 3 ページ

あなたにオススメの記事

マネーテーマ : 【マネープラン】その他の記事

マネープラン
もっと見る