コピーしました
お使いの端末は
この機能に対応していません

片づけ下手では“お金が貯まらない”決定的な理由

マネー

2021.10.08

リビングや部屋を見渡して、物が散財する家庭はまだまだお金が貯まるチャンスあり!じつは片づけ上手は貯金上手にも共通するそう。家計再生コンサルタントの横山さんが家計相談で見てきた真実。「片づけとお金」の関係について、興味深い話をしてくれました。

片づけない家庭はムダづかいが増える

家の中が片づいているかどうかは、生活面だけでなく、お金の面から見ても重要です。片づいていない状態は、どこに何があるかわからなくなり、ムダな買い物が増えてしまうからです。

 

「しまった。家にあったのに、同じものを買った」「また似たような服を買ってしまった」などが頻繁に起これば、ムダなお金をたくさん使うことになります。数百円の食品や1000円程度の服だとしても、積もり積もれば年間数万円になることもあります。

 

逆に、きちんと片づけていると、余計な出費もなくなります。だからお金が貯まりやすくなるわけです。

機械的に捨てるルールを決める

片づけをするには、ある程度、物を捨てる必要があります。物はお金が形になったものですが、大事にしすぎて増えていくばかりでは、片づけの妨げになります。

 

横山家は8人家族なので、油断すると、家中が物であふれてしまいます。UFOキャッチャーのぬいぐるみやおもちゃ、子どもの服が増えていくばかり。そこで、こまめに物を捨てるようにしています。

 

物を捨てる習慣をつけるには、定期的に点検する機会を設けると良いでしょう。年1回程度、各部屋やキッチン、洗面所などの収納をひとつずつ点検。すると、まったく使っていないものがあることに気づきます。

 

私の場合は、「置き場所からはみ出したら機械的に捨てる」ルールに決めています。実は洋服を捨てられないタイプなのですが、タンスの2段分からはみ出したら捨てています。

 

「何があるか」がわかりやすく収納するのも重要です。クローゼットの奥に押し込んでいたら、どこに何があるのかわかりません。子ども服などは、気がついたら子どもが成長してサイズが合わないケースも起こりがち。ですから、見えない場所に置かない方が良いでしょう。

トランクルームは使うべき。それとも…

最近は、家に置けないものや置きにくいものを収納するために、トランクルームを借りる人が首都圏を中心に増えているようです。

 

ゴルフバッグやスーツケース、楽器、大量のDVD…。スペースを多くとるものを保管できて、月数千円で済むのなら、借りてしまおうと考えるのでしょう。

 

しかし、置き場所が増えると余計なものを買ってしまうケースも。場所のレンタル料も、月30005000円程度でも、年36000円~6万円の出費になりますから、バカになりません。

 

最近は様々なものがレンタルできますから、年1回程度しか使わないもので、こだわりがなければ、借りる選択肢をしたほうがお得なケースもあります。

監修/横山光昭 取材・構成/杉山直隆 イラスト/村林タカノブ

あなたにオススメの記事

マネーテーマ : 【家計管理】その他の記事

家計管理
もっと見る