コピーしました
お使いの端末は
この機能に対応していません

【インフルエンザまとめ】A型とB型の違いは? 流行時期や症状の強さなど

女性の健康

2019.11.18

2019.12.02

 

 

iStock.com/metamorworks

インフルエンザA

流行時期:12~2月
症状:非常に強い

インフルエンザA型は例年、冬の初めから終わりにかけて流行します。
40度近い高熱、非常に強いのどの痛みや咳、関節痛、倦怠感など、普通の風邪よりも強い症状が急激に現れるのが特徴。
一般的に「インフルエンザ」といてイメージされるのは、このA型のことです。
幼い子どもでは、のどの痛みのため水分が十分に摂れずに脱水症になったり、脳炎や肺炎などの合併症を起こしやすいウイルスです。

 

インフルエンザB

流行時期:2~3月
症状:比較的軽い

インフルエンザB型はA型のように大流行することは少なく、例年、A型の流行が落ち着いた頃に患者数が増えていきます。
症状は一般的な「インフルエンザ」のイメージよりも軽いことが多く、下痢や腹痛などお腹の症状が目立つのが特徴です。
このため、インフルエンザと気づかず受診しない人も多いため、知らず知らず周囲に感染を拡げていることも少なくありません。

 

>>NEXT ワンシーズンで2回感染も…

2 / 3 ページ

あなたにオススメの記事

女性の健康テーマ : 【病気】その他の記事

病気
もっと見る