注目のキーワード

注目のキーワード
コピーしました
お使いの端末は
この機能に対応していません

懐かしの喫茶店の味!タサン志麻さんの「ナポリタン丼」レシピ

家事

2020.09.29

子どもの頃、ケチャップは魔法の調味料でした。特に「ナポリタン」の美味しさは摩訶不思議。何の変哲もないウインナと野菜が、ケチャップで炒めただけでこんなに美味しくなるんだ!と驚いたものです。そんな「ナポリタン」がどんぶりで楽しめるとしたら、考えただけでもよだれもの!ケチャップとご飯の相性も、やっぱり最高なのです。

 

志麻さんのレシピには、美味しさをアップするさらなる秘密があるようで…。

 

「野菜は大きめに切ってじっくりと炒めてあげると、甘味が引き立って美味しいんです。味付けはケチャップのみで十分ですよ!」(志麻さん)

 

野菜を小さく切ると、火の通りは早いけれど焦げやすくなったり、味がぼやけてしまう場合も。野菜本来の甘みをしっかり味わいたいなら、大きめに切って弱火でじっくり炒めるのが正解!きっと、ひと味もふた味も違う仕上がりになるはずです。

 

目玉焼きとザクザク混ぜて召し上がれ

材料(2人分)

ウインナ
5本(1パック)
なす
1本
ピーマン
1個
玉ねぎ
1/4個
2個
ケチャップ
大さじ1と1/2
オリーブオイル・サラダ油
各大さじ1
温かいご飯
2膳分

作り方

1. ウインナは斜め切りにする。なすは縞状に皮をむき、1cm幅の輪切りにする。ピーマンはヘタとタネを除き、横1.5cm幅に切る。玉ねぎはくし形切りにする。

2. フライパンにオリーブオイルを弱火で熱し、①の野菜を入れてじっくり炒める。

3. ②にウインナを加えて炒め、ケチャップを入れてさらに炒め合わせ、皿などに取り出す。

4. ③のフライパンをきれいにし、サラダ油を熱して卵を割り入れ、目玉焼きを作る。

5. 器にご飯を盛り、③の具材を盛りつけ、目玉焼きをのせる。

 

 

Profile タサン志麻さん

連日満席のフレンチレストランやフレンチビストロで約15年間、料理人として腕をふるう。2015年に家政婦に転身し、家にある材料で作る、フレンチメインの作りおきおかずが評判となり、テレビや雑誌に多数出演。それぞれの家庭のライフスタイルに合わせて、好みの味に仕上げるのが志麻さん流。フランス人の夫、2人の息子、2匹の猫と暮らしている。

 

<<前へ戻る 次へ進む>>

 

特集TOPへ戻る

 

料理製作/タサン志麻 撮影/松村隆史

あなたにオススメの記事

家事テーマ : 【簡単レシピ】その他の記事

簡単レシピ
もっと見る