コピーしました
お使いの端末は
この機能に対応していません

タサン志麻さんの「タイ風しょうが焼き丼」レシピ

家事

2020.08.11

2020.08.18

タサン志麻さんの「タイ風しょうが焼き丼」レシピ

忙しくて何品も作れない…そんなときは、プロセスが少なくて簡単に作れるのっけ丼が断然おすすめ。

 

「フランスでは、お米も野菜の一種と考えられていて、サラダに入れたりもするんです。だから、主食ととらえず、自分の好きな量に調整すればいい。どんぶりだからといってご飯をたくさん盛らなくてもいいし、上の具材が多くたっていいと思います。ごはんが多い時は味付けを濃いめに、少ない時は薄めに調整するのがポイントです」と話すのは、さまざまなメディアで活躍中のタサン志麻さん。

 

最初に志麻さんが作ってくれたのは、タイ料理に欠かせない調味料・ナンプラーに加え、にんにくやしょうがもきかせた、パンチの効いた一品。夏バテしがちなこの時期に、スタミナをつけるにはもってこいのレシピです。

 

濃い目の味付けなので、生野菜を一緒にほおばるとちょうどいい味!生野菜をたっぷりと盛りつけて、さぁ召し上がれ。

ナンプラーが食欲をそそる!

材料(2人分)

豚こま切れ肉
200g
玉ねぎ
大1/4個
キャベツ・にんじん・きゅうり
各適量
にんにく
1かけ
しょうが
1片
ナンプラー・オイスターソース
各小さじ1
塩・こしょう
各適量
サラダ油
大さじ1
温かいご飯
2膳分

作り方

1. 玉ねぎはくし形切り、キャベツ、にんじんはせん切り、きゅうりは薄切りにする。にんにく、しょうがはみじん切りにする。

2. フライパンにサラダ油を熱し、玉ねぎを入れてしんなりするまで炒める。

3. 豚肉に軽く塩・こしょうをして加え、さらに炒める。肉の色が変わったら、にんにく、しょうが、ナンプラー、オイスターソースを加えて炒め合わせる。

4. どんぶりにご飯、キャベツ、にんじん、きゅうりを盛り、上に③をのせる。

 

 

Profile タサン志麻さん

連日満席のフレンチレストランやフレンチビストロで約15年間、料理人として腕をふるう。2015年に家政婦に転身し、家にある材料で作る、フレンチメインの作りおきおかずが評判となり、テレビや雑誌に多数出演。それぞれの家庭のライフスタイルに合わせて、好みの味に仕上げるのが志麻さん流。フランス人の夫、2人の息子、2匹の猫と暮らしている。

<<前へ戻る 次へ進む>>

 

 

料理製作/タサン志麻 撮影/松村隆史

あなたにオススメの記事

家事テーマ : 【簡単レシピ】その他の記事

簡単レシピ
もっと見る