2019.06.30

運転手がいないのに電車が動く?無人運転システムの秘密に迫る

列車には運転手がいますが、国内には無人で運転する列車も走っています。一体、どのような仕組みで運転されているのでしょうか。今後、自動運転は広がっていくのでしょうか。

 

そもそも、無人運転システムとは? 

train201906-1

無人運転システムとは列車に運転手がおらず、運転が自動化されているシステムのことを指します。よく、無人運転システム=自動運転と捉えがちですが、これは半分正解、半分間違いという感じでしょうか。なぜなら、自動運転には有人タイプと無人タイプに分けられるからです。

 

有人タイプは列車に運転手がいるパターン。運転手は運転台にあるボタンを押すだけで、自動的に列車を運転することができます。無人タイプは先ほど解説した無人運転システムのことを指します。

それでは、無人運転システムを採用している列車はどこにあるのでしょうか。2019年6月現在、無人運転システムを採用している事業体は以下のとおりです。なお、ここでは実際に乗客が乗れる路線で採用している事業体に絞っています。

 

・ゆりかもめ

・東京都交通局(日暮里・舎人ライナー)

・舞浜リゾートライン(ディズニーリゾートライン)

・横浜シーサイドライン(金沢シーサイドライン ※2019年6月現在、無人運転は休止中)

・愛知高速交通(リニモ)

・大阪市高速電気軌道(ニュートラム)

・神戸新交通(ポートライナー、六甲ライナー)

 

実は無人運転システムを採用している上記の路線はすべて新交通システムです。基本的に新交通システムは高架線のため、踏切がないのが特徴。そのため、無人運転システムが採用されやすいのでしょう。

 

国内で無人運転システムが採用されたのは今から38年前のこと。国内初の新交通システム、神戸新交通(ポートライナー)がはじめました。現在、自動車の自動運転が話題となっていますが、このように鉄道では自動運転は以前から行われています。

 

<合わせて読みたい人気記事>

ゆりかもめやニュートラムはモノレールではない!?子供に何て教えればいいの!?

 

>>NEXT 無人運転システムの仕組みは?

新田浩之

国鉄が民営化された1987年生まれのフリーランス。昔から鉄道好きで、青春18切符を使った鉄道旅行も経験。CHANTO WEBでは主に旅行や鉄道に関する原稿を執筆中。