コピーしました
お使いの端末は
この機能に対応していません

家庭料理に〝外食レベル〟を求める「グルメ旦那」に妻たちの喝!!

コミュニケーション

2020.04.02

「お寿司屋さんの味を忘れちゃった!」(百合子さん/42歳/デザイナー)


 

iStock.com/urbancow

 

わが家では数か月に一度、家で手巻きすしを作ります。6歳と4歳の子どもに合わせて、酢飯は甘め。子どもたちは喜ぶので、楽しい気分で食べたいと思っているのですが、旦那はいつもテンションの下がることを言うんです。

たとえば「すし屋を思い出してみろよ。ネタはもっと細く切ってあるだろ」とか「酢飯が甘すぎて、ネタが台なしだ。俺が行っているすし屋ではな…」と、小言ばかり。

手巻きずしのたびに「すし屋」「すし屋」と連発するので、ついに我慢できなくなり「もう6年もちゃんとしたすし屋に行ってないんだから!」と。結婚して初めての私の誕生日以来、旦那とすし屋に行った記憶はありません。上質なすし屋の味なんてとうに忘れてしまいました。

すると旦那は「あ、ごめん。そんなつもりじゃ」と口ごもっていましたが、チャンスだと思い「来月の私の誕生日、あなたの自腹でよろしくね」と、たたみかけました。旦那は「しょうがないな…」と言ってましたよ。楽しみ!!

 

>>NEXT 「愛情の詰まったバランスの良い献立なの!」

2 / 3 ページ
あなたにオススメの記事

コミュニケーションテーマ : 【夫婦】その他の記事

夫婦
もっと見る