注目のキーワード

注目のキーワード
コピーしました
お使いの端末は
この機能に対応していません

イヤイヤ期は「モノに人格を与える」と乗り越えられる!?

子育て

2019.12.29

子どもを傷つけない“言葉選び”がポイントに

多くの家庭で実践されている“モノに人格を与える”方法。しかしモノを捨てるときには、どうすればいいのでしょうか?

 

“モノに人格を与える”方法を紹介したお母さんは、モノを捨てるときに「子どもに見られないようこっそり捨ててる」と語っています。大体はそのまま忘れてくれますが、「○○はどこ?」など思い出す場合も。子どもが疑問を持ったときは、「遠くへ出かけたみたいだよ」などと伝えているそう。

 

中には“しまっちゃうオバケ”が、モノをどこかに隠してしまったと子どもに説明する家庭も。ネット上では、「モノに愛着がわくようになるだろうし、捨てるときは配慮しないと子どもが傷つくかもね」「捨てたとか直接的な言葉じゃなくて、子どもが小さいうちは濁した表現で伝えてる」といった声が多く見られました。子どもを傷つけないような言葉選びが重要です。

 

>>NEXT イヤイヤ期の理由とは?

2 / 3 ページ

KEYWORDS関連キーワード

あなたにオススメの記事

子育てテーマ : 【幼児】その他の記事

幼児
もっと見る