コピーしました
お使いの端末は
この機能に対応していません

子どもの発熱はすぐに受診が必要?「 いい熱・悪い熱」の見分けかた

子どもの健康

2020.01.23

子どもに解熱剤が必要な目安は「38.5℃」以上

 

大人がかぜをひいて熱を出したときは、解熱剤や、解熱剤を含むかぜ薬を飲むのが一般的です。でも、それはつらい症状をラクにして、仕事などに支障が出ないようにするため。

かぜはウイルス感染症であり、有効な薬はありません。かぜ薬や解熱剤を飲んでも、かぜそのものは治らないのです。子どもの場合も、それは同じ。

発熱はそもそも、自然な免疫反応で、体がウイルスとたたかっているサインです。その意味では、解熱剤で無理に下げる必要はありません。ただし熱が何日も続くことで、体が疲れてしまうという悪影響もあるのだそうです。

「かぜによる熱なら、たしかに解熱剤は必要ありません。水分をしっかりとらせて、体を休ませるのが基本です。

でも数日以上の発熱が続くと、体力が消耗してしまい、水分がとれずに脱水症に至ることもあるんです。

そのため生後6か月以上のお子さんで、熱が38.5℃以上あって苦しそうにしているとき、翌日になっても熱が下がらないときは、解熱剤を一時的に使って熱を下げてあげるのもひとつの方法です」(金子先生)

 

iStock.com/yaoinlove

 

解熱剤を使うのは〝治す〟ためではなく、体を休ませ、病気とたたかえるコンディションにもっていくため。このことを念頭に置いて、解熱剤を上手に使うのがポイントです。

また、熱以外の症状があるときは、ただのかぜではない可能性もあります。解熱剤で安易に下げず、小児科医に診てもらうようにしてください。

 

>>NEXT 溶連菌による発熱への対処

3 / 4 ページ

あなたにオススメの記事

子どもの健康テーマ : 【病気・感染症】その他の記事

病気・感染症
もっと見る