今日は列車本数のお話をします。あなたの近くを走る路線には1時間に何本の列車が走りますか。ひっきりなしに列車が来ることもあれば、1時間間隔のところも。はたまた、1日1本という路線もあります。それでは列車本数についてあれこれ考えてみましょう。

 

<ひとつ前の鉄道記事を読む> 「電車でGO!」から振り返る鉄道の運転シミュレーション

 

日本一、列車本数の多い路線は?

train201902-1

突然ですが、日本一、列車本数の多い路線はどこでしょうか。この問いは簡単なようで実は難しいのです。たとえば、JR中央本線の複々線区間(三鷹駅~御茶ノ水駅間)で普通列車(総武・中央緩行線)を入れるか、入れないかで大きく変わります。また、おなじみの山手線も京浜東北線と並行して走る区間があります。そのため、一概に「この路線が日本で一番、列車本数の多い路線」とは言いにくいわけですね。 参考程度に都心の複々線区間にある駅の本数を確認してみましょう。たとえば、朝8時台におけるJR中央本線・中央総武線各駅停車の四ツ谷駅上り方面・東行の列車本数は以下のとおりです。

 

四ツ谷駅 朝8時台 中央線快速東京駅方面(上り) 8時台:29本

 

中央・総武線各駅停車 御茶ノ水駅・千葉駅方面(東行) 8時台:21本

 

中央線快速と中央・総武線各駅停車の本数を合わせると、四ツ谷駅には1時間あたり50本も停車します。下りを合わせると100本近くになりますね。中央線快速だけでも29本も停車するので、約2分間隔で列車が来る計算になります。これだけ、ひっきりなしに来るとホームが大混雑することは必死。そのため、列車本数を多くすると、ホームの広さも考えなくてはいけません。乗客が多いから列車本数を簡単に増やす、というような単純な話ではないのですね。