ターミナルや特急停車駅で見られる種別や行先を案内するための機械、駅発車標。今回は駅発車標にスポットを当てます。駅発車標をじっくり見ると、いろいろな発見がありますよ。

 

1.昭和の主力だった駅発車標「パタパタ」 

写真1

一言で「駅発車標」といっても、いろいろな種類があります。昭和から平成初期まで多く見られたのが反転フラップ式、通称「パタパタ」です。「パタパタ」の由来は種別や駅名が書かれた板が回転するときに聞こえる「パタパタ」の音から。「パタパタ」は駅だけでなく空港や某音楽番組でも見られました。 「パタパタ」は全国、とりわけ大手私鉄で見られました。大手私鉄では数多くの行先と種別があるので、変わるたびに「パタパタ」の音がたっぷりと聞けたものです。また、回転する際にレアな行先や種別がチラリと見られるのもポイント。最近、「パタパタ」が動いている様子を撮ったスローモーション動画がYouTubeがいくつも見られます。 長年にわたって活躍を続けてきた「パタパタ」でしたが、2000年頃からLED式にバトンタッチしています。首都圏を走るJRや大手私鉄、関西のJRではほぼ全滅。関西の大手私鉄では南海や近鉄、阪急で見られます。 こちらは、阪急神戸線岡本駅にある「パタパタ」です。なぜか、阪急線では岡本駅だけ「パタパタ」が残っています。じっくりと観察すると1997年に運行を終了した「須磨浦公園」の文字も見られますよ。