20180705oyako01
7

月に入りいよいよ夏本番。お子さんのいる家庭では、夏休みに子どもとどこへ出かけようか考えている人も多いのではないでしょうか。先日、テレビ番組で「親子で楽しめる人気スポット」が特集されていたのでご紹介します。

 

動物と触れ合える“アニマルカフェ”


今年

6

23

日放送の『にじいろジーン』(フジテレビ系)で取り上げられたのは、「親子で楽しめる人気スポット」。“ぐっさん”こと山口智充さんが、ゲストの津田寛治さんと千葉県幕張市を訪れました。

 

2

人がやって来たのは「イオンモール幕張新都心」。同施設内には「

Moff animal cafe

イオンモール幕張新都心店」というアニマルカフェがあり、実に

33

種類もの動物たちと触れ合うことができます。

 

2

人が最初に触ったのは、ハツカネズミの仲間「パンダマウス」。名前の通りパンダのような白黒模様が特徴的で、津田さんは「まるでキーホルダーみたい!」とその可愛さを表現していました。続いて触れ合ったのは、主にサバンナに生息する「ミーアキャット」。国内でもミーアキャットと触れ合える施設は少ないのですが、ここではエサやりまで体験可能です。

 

同施設ではさらに珍しい動物とも触れ合うことができ、

2

人は「キバタン」というオウムの仲間を腕に停まらせました。「キバタン」は頭にある冠のような羽根が特徴で、主にオーストラリアなどに生息。オウムの仲間だけあって人との会話もでき、飼育員の方が声をかけると「こんにちは」と挨拶する芸も披露しました。

 

カフェという名の通り、飲食もできる同施設。店内には持ち込みも可能なカフェスペースが用意されており、

200

円で飲み放題のドリンクバーまで揃っています。もちろん飲食は動物を見ながらできるので、動物園に行くよりも落ち着いて過ごすことができそうですね。