「なんかあの人老けたかも?」。ふとマスクを外した相手を見て、そう思える瞬間──。でも、それは合わせ鏡のように自分にも言えることかもしれません。長引くマスク生活でサボりがちになる口元のケア。いま、マスクの奥で肌や口はどうなっているのか、歯科医師で口もと美容スペシャリスト・石井さとこさんに話を聞きました。

老け顔以上に深刻なマスク生活の影響

── 忙しい毎日を送っていると、優先順位が低くなりがちなオーラルケアですが、その重要性について教えてください。

 

石井さん:

口の中のケアや口元の運動は、全身の健康に影響してきます。

 

口は「食事する(噛む)・会話する・呼吸する」中心の部分。口を動かしていくうちに脳内は活発になっていきます。

 

逆に動かさないでいると、「オーラルフレイル」といって口腔内機能が衰えます。具体的には舌が動かなくなったり、飲み込む力が弱くなったり…。脳への刺激もなくなって、気力まで奪われてしまいます。

 

── 動かすことが重要なのですね。コロナ禍で長引くマスク生活での影響も気になります

 

石井さん:

マスクで口をフタしている状態だと、いつにも増して口元を動かさなくなります。「どんな顔をしていようが、目(アイメイク)だけ何とかすればいい」考えにも陥り、口元の運動量も減ってしまいます。

 

マスク生活で特に衰えやすいのが、口輪筋です。骨にくっついていない筋肉なので、油断すると若い人でも簡単に衰えていきます。

 

ここが衰えると「口角が下がる」「たるみ」「ゆるみ」といった見た目の老けた印象はもちろん、唇の開け閉めが不自由になり、きゅっと口を閉じることが難しくなってきます。

 

口が閉じていないと乾燥しやすくなるので、口腔内環境が悪化して老化をさらに早めてしまうことに…。

 

誤飲や、喉から肺の方に菌を侵入させやすくもなるので、“マスク老け”は侮れません。

 

── 口輪筋の衰えについては、気づいていない人がほとんどだと思います。マスク生活による影響の大きさを感じますが、ほかにも何かありますか?

 

石井さん:

マスクをしているとき、無意識のうちに口呼吸になっていませんか?これがよくありません!なぜなら、口腔内が乾燥して唾液の分泌量が低下するからです。

 

唾液が少なくなると、口腔内の環境は一気に悪化します。唾液には、免役を維持する物質が含まれていますし、口の中全体を掃除する役割もあります。

 

さらに少量ですが、美肌ホルモンの「パロチン」も入っているので、唾液がたくさん出ている人は肌もきれいになります。若さをキープすることに関係しているんですね。

 

そんな大切な役割を持つ唾液。年齢を重ねるにつれてその分泌量は減少しますが、今、若い人でもマスク生活で唾液が出ない現象が起きています。唾液は運動で出てくるので、口元の運動不足は大敵です。

たった10秒!口元の老化防止エクササイズ「顔トレ」

── “マスク老け”の奥深さを知りました…。手遅れにならないために、ふだんからできることはありますか?

石井さん:

マスク生活はまだしばらくは続きます。老化防止のために、忙しい方でも取り入れやすい簡単エクササイズ「顔トレ」を3つ紹介します。

 

マスク生活が終わったとき、素敵な表情で好印象を持ってもらうためにも、今すぐ実践してみてください。

1.二重あごやたるみにも効果あり!「10秒舌まわし」


食後のタイミングでぜひやってほしいのが「10秒舌まわし」。1周10秒かけて、口内で舌をぐるっとまわしてください。上下の歯の表面を滑らせるように右まわし、左まわしを1回ずつ合計20秒でOKです!

 

舌を鍛えるためにも「ゆっくり」まわすのがポイント。舌筋や口輪筋に刺激を与え、口まわりだけでなく二重あごやたるみ、首まわりの老け顔予防に繋がります。

 

舌の動きが刺激となって唾液がたくさん分泌され、口元まわりを整えてフェイスラインを引き上げる効果もあります。

2.肌の調子もよくなる「美唾液プッシュ」


疲れのピークがやってくる夕方は、ストレスのせいもあり、唾液が出にくくなります。そんな時間帯におすすめしたいのが「美唾液プッシュ」です。

耳上部の前あたりにある小さなくぼみが唾液のツボ。ここを「指の腹で10秒押して離す」を5~10回繰り返します。そうすることで、耳下腺が刺激されて唾液の量が増えます。

 

ここから出る唾液は、先ほどお伝えした、「パロチン」という成長ホルモンを含んでいます。若返りホルモンとも呼ばれるものです。 

 

肌の不調や更年期のドライマウスの改善効果も期待できるので、帰りの通勤電車などで、リラックスしながらやってみてください。

3.安眠にもつながる「かみしめほぐし」


夜は口元の筋肉をほぐすことに専念しましょう。最近、日中マスクの下で歯をくいしばる人が増えていますこの緊張をほぐしてあげることが大切です。

 

かたくなった側頭筋を「お疲れさま」という意味も込めて、人差し指、中指、薬指の3本で前へぐるぐる5回、後ろへ5回マッサージします。血流がよくなり、次の日のむくみ、たるみ予防にもなりますよ。

 

お風呂でリラックスしながらやると安眠にもつながります。口の中の粘膜は、夜修復していくので、しっかり眠ることはとても大切。ぜひ覚えておいてください。

 

「マスク老け」を予防するためにやるべきことは、表情筋を鍛えること、口角を上げるよう意識すること、そして唾液の分泌を促すこと。

 

こうした日々の積み重ねが、マスク生活にも負けないイキイキとした表情をつくっていきます。口元のケアを意識的にすることで、老いのスピードは遅らせることができます!

 

PROFILE 石井さとこさん

歯科医師・口もと美容スペシャリスト。「ホワイトホワイト」院長。歯のホワイトニングを日本で広めた第一人者。マスク老けを撃退する、「顔トレ」を提唱。歯と身体を美しく保つための食事や、口元メイクについてのアドバイスに定評がある。女優・モデル・アナウンサーからの信頼も厚い。著書に「マスクしたまま30秒!! マスク老け撃退顔トレ」(集英社)など。

取材・文/高田愛子 イラスト/かりた