矢沢心さん
4年間に及ぶ不妊治療を乗り越え、今や3人のママとなった矢沢さん。不妊治療を一緒に乗り越えた経験は、ふたりの絆をより一層強くしてくれたといいます。

 

今回は、ポジティブな魔裟斗さんに触発され、考え方が変わったという矢沢さんの“心を前向きに保つ秘訣”について教えてもらいました。

4年間の不妊治療が夫婦の絆をグッと深めた

── 今では3人の親となったおふたりですが、第1子を授かるまで4年間不妊治療に向き合われた経験があります。一緒に不妊治療を乗り越えたことで、その後の夫婦関係にどんな変化があったのでしょうか?

 

矢沢さん:

当時はまだ夫が現役で、仕事が最優先だったこともあり、不妊治療に協力しづらい状況でした。そんな折、私が流産してしまったことをきっかけに、夫婦で真正面から向き合って取り組むようになりました。

 

夫は率先していろいろとサポートしてくれていましたね。それに、言葉を尽くして思いを伝えるタイプではないけれど、常に隣にいてくれて、私が不安に感じるような場面では、必ず欲しい言葉をくれる。とにかく心強かったですね。そんな優しさや思いやりをあらためて実感したことで、“この人とずっと一緒に生きていきたい”という思いがいっそう強くなりました。
矢沢心さんと魔裟斗さん

── あらためて夫婦の絆を強めた出来事だったのですね。ご自身を「昭和の男」と例える魔裟斗さんの発言もありましたが、“亭主関白の夫と献身的な妻”というイメージを持つ人もいるかもしれません。一見、真逆のタイプに思えるおふたりですが、“相手がしてほしいことを感じ取って行動する”というところは共通していますよね。

 

矢沢さん:

確かにそうかも。もともと似ている部分があるかもしれないし、一緒にいるうちにだんだん似てきたところもあるのかもしれませんね。

 

昔の私は、どちらかといえば、いろんなことを考えすぎてしまう傾向がありました。それに対して夫は、物事をポジティブに捉えることができる人。私も徐々に感化されて、今ではずいぶん楽観的になり、前向きな発想ができるようになったんです。

 

例えば、当初は彼を支えるために頑張っていた食事作りなどの健康管理も、“これって結局、私自身の身体のケアや生活改善につながっているんだな”と気づいたことで、彼のサポートをすることは、自分のためにもなっていると思えるようになりました。
矢沢心さん

── 確かに、いくら自分が納得してやっていることでも、100%相手のためだとどこかで自己犠牲を感じて、心が疲弊してしまうこともあります。

 

矢沢さん:

そう思います。だから、“今ちょっと大変かも…”という場面では、ちょっと視点を変えてプラスの側面を探すことで、何かしらの気づきが得られ、気持ちが前向きになったり、心がラクになったりするものだなと。要は、考え方次第なんだと気づきました。

 

もしも夫と結婚していなかったら、そんなふうに考えることもなかったかもしれない。そう思うと、ありがたいなと思いますね。

前向きで楽しい義両親が「理想の夫婦像」

── 物事の捉え方次第で、目の前の出来事に幸せを見出すことができるって素敵です。

 

矢沢さん:

彼の考え方は、義両親の影響も大きいのかなと思います。義両親は前向きでいつも楽しそうで、夫婦仲もすごくいいんです。

 

ふたりは私にとって理想の夫婦。会話がずっと途切れないくらい仲良しで、お互いを思い合っていることがすごく伝わってくるんです。朝早く起きて一緒にウォーキングをしたり、休日にはお義父さんが車を洗車してドライブに出かけたり。

 

そんな姿を見ていると、“ああ、歳を取ってもこんなふうにずっと仲良く幸せに過ごすことができるのね”と感じられ、心が温かくなります。
矢沢心さん

── 身近なところに夫婦のロールモデルがあるのですね。

 

矢沢さん:

恵まれているなと思います。夫は性格や好みがお義父さんにそっくりなのですが、実は私もお義母さんとよく似ているみたいで。だから、年を取ったときのイメージが掴みやすいのかも。“こんな夫婦になりたい”という素敵なお手本が身近にあるからこそ、夫婦の在り方を見失わずにいられる気がします。

 

PROFILE 矢沢心さん

1981年、東京生まれ。女優、タレントとして幅広く活躍するほか、プロテクトスキンボディバーム「LE MERA」のプロデュースを手がける。2007年に元K-1世界王者の格闘家、魔裟斗さんと結婚。自身の不妊治療経験を綴った著書に、『ベビ待ちゴコロの支え方』(主婦の友社)など。オフィシャルブログ『コロコロこころ』でも不妊治療の情報を発信。

取材・文/西尾英子 撮影/松村隆史 スタイリスト/田中トモコ(HIKORA) ヘアメイク/八角 恭(nude.)

シャツ3万5200円、スカート3万9600円/すべてクリエイトクレイル ピアス4万6200円、ブレスレット2万4200円、左手小指リング8万1400円/すべてRoom403 表参道本店 ネックレス5万2800円/warmth 左手中指リング(イヤカフをリングとして使用)3万9600円/SHINCA (価格はすべて税込み)