【この記事は、CHANTOママライターによるウェブ限定記事です】

                       

ライター名:草間小鳥子

 

お得なモーニングや、ブリオッシュの上にソフトクリームの乗ったデザート、「シロノワール」で有名な「コメダ珈琲店」。なんと、今年で50周年なのだとか!もともとは名古屋の個人経営の喫茶店だったのが、いまや44都道府県のみならず、海外にも店舗をかまえる、行列の絶えない人気店となっています。そのコメダ珈琲店に、メニューには書いていないサービスがあることを、ご存知ですか?

 

「街のリビングルーム」のヒミツ

私の息子がはじめてコメダ珈琲店へ行ったのは、生後7ヶ月の頃。当時は離乳したばかりで、一緒に食べられるメニューはなかったのですが、木材や漆喰、レンガなどを利用した、天井の高い落ち着きのある店内は赤ちゃんにも居心地が良かったようです。以来、親子で足しげく通うようになりました。
2-1
さりげないパーテーションで半個室の座席は、「街のリビングルーム」といううたい文句にそぐわず、とてもくつろげる空間。大きめのソファ席も、つい長居したくなります。午前11時まではモーニングの時間帯。ドリンクを頼むと、トースト+αのモーニングセットにできます!「ゆで卵」、「手作りたまごペースト」「名古屋名物おぐらあん」の三種類からチョイス。サイドメニューもリーズナブルなので、充実した朝食で一日を始めることができます。そんなモーニングでオーダーできる、メニューに書いていないサービスとは……?

 

1歳から楽しめる!モーニング裏ワザ

さて、息子が1歳も過ぎ、幼児食がはじまる頃。コメダで、子どもも食べやすくなるようなサービスをお願いできないかとたずねたところ、こんなものがありました。

トーストの「耳ナシ・うす焼き・うす切り」

通常、モーニングメニューのトーストは、こんがり焼いた厚切りのパンをタテ半分に切ったものに、バターが塗ってあります。
2-2
それを、「耳ナシ・薄焼き・薄切り」にすると、固い耳のない、うっすらキツネ色で厚さも八枚切り程度のパンに!
2-3

「バタージャムへ変更」

さらに、上に塗るバターを、「いちごジャム」にしてもらえます。イチゴジャムパンといえば、子どもは大好き。「おぐらあん」とは合わないかもしれませんが……

 

ドリンクの氷抜き

コメダのソフトドリンクは、壷のようなまるっこいフタのついたグラスになみなみと入っているのが特徴。ですが、それを「氷抜き」でオーダーすると、このような長靴型のグラスで出てきます。通常の容器よりも、ぐっと飲みやすく。
2-4
ほかにも、たっぷりのアイスコーヒーにソフトクリームののった、フロートのような「クリームコーヒ」を、「ソフトクリーム別盛り」で頼むと、上のソフトクリーム部分だけ、別のお皿に分けてもらえました。トーストも、「うす焼き」があると思えば、逆の「よく焼き」があったり、通常は温めたカップで提供されるホットドリンク類も、カップを冷ましてもらうなど、温度調整をお願いすることも可能。サービスは、地域や店舗で異なりますさまざまなサービスのおかげで、小さい息子も一人前のモーニングセットをぺろりと完食できるようになりました!

 

モーニングのほかにも、うれしいサービス

コメダの魅力は、モーニングのほかにもまだまだ。モーニングが終わってからは、すべてのドリンクについてくる豆菓子には根強いファンもいるようだし、サンドイッチやシロノワールの切り方も変更してもらえます(六等分八等分など)。多様なお客さんのニーズに、柔軟に対応してくれるところがうれしい。回数券のようにお得に使えるコーヒーチケットや、支払金額に応じてポイントが加算されるプリペイドカード「KOMECA」も便利です。店頭に置いてある絵本や新聞を手にとりながら、ゆったり流れる時間をじっくり味わいたくなる場所。実際私も、子どもとふたりきりでも、ひとりでも、家族でも、三世代でも楽しい時間を過ごすことができました。50周年を迎えた「コメダ珈琲店」のサービス、まだの方は、ぜひご自身で体感されることをおすすめします!