仕事や育児で疲れが溜まってきたときや、眠いときなど、つい栄養ドリンクに頼ってしまうこともあるでしょう。踏ん張りどき、たまに飲むくらいなら良いのですが、飲むのが習慣になってしまったり、飲む量が多くなってしまったりすると危険性もあります。栄養ドリンクの正しい活用法についてご紹介します。

栄養ドリンクに期待できる効果

 

iStock/takasuu

 

栄養ドリンクに含まれている成分は、主に下記の3つがあります。

糖分

脳や身体のエネルギー源としての働き

ビタミンB1

糖類をエネルギーに変えるサポートをする

カフェイン

中枢神経を興奮させる、疲労を感じにくくする
一時的に眠気を覚ます

 

このような成分によって〝一時的に〟元気になれるのが、栄養ドリンクの特徴です。つまり「疲れた時の体力回復」ではなく、疲れた状態を一時的に麻痺させ「疲れを感じにくくする」効果があるものです。