夫の暴言、暴力などのDV被害を受けて苦しんでいる女性はたくさんいます。そんな彼女たちの多くは、「夫からはどうやっても離れられない」と諦めてしまうこともあるようです。今回は、様々なサポートを利用して、夫のDVから逃げ切った方の体験談を紹介します。

弁護士に相談して留守中に引っ越し(ゆみさん/25歳/事務)

 

iStock/monzenmachi

 

つき合っているころから、夫は喧嘩っ早い性格でした。当時から、怒ると乱暴な言葉を使ったりしましたが、仲直りするとまた優しくなっていたので、私も許してしまっていたんです。 でも結婚してから、暴れる頻度が以前よりも増えました。家族になったことで、遠慮がなくなったんだと思います。気に入らないことがあると、娘の前でも私に暴言を吐いたり蹴ったり。 逆らうと夫の感情はさらに高ぶり、怒りはエスカレート。大きな声を出すから娘が泣いてしまって。娘の姿に胸がきゅーっと締めつけられて本当につらかったです。 しばらくは、機嫌を損なわないようすぐに謝るようにしていましたが、やっぱり夫がキレることは止められなかったので、娘の為にも「もう夫からは離れよう」と強く願うようになりました。 友人に相談したところ、無料で法的な相談をできる「法テラス」という窓口を教えてくれました。すぐに相談をし、弁護士に担当してもらうことに。 そして指導のもと、夫がいない隙に引っ越し、そのまま離婚。引っ越しをするまでハラハラして、生きた心地がしませんでしたが、何としても夫から逃げたかったので無我夢中でがんばりました。