ホットプレートがあれば、いつもの「チーズフォンデュ」がもっと美味しく、もっと楽しくできちゃいます。

 

こちらは、いま人気の韓国料理「パネチキン」を豚バージョンにアレンジしたレシピです。「パネチキン」とは、パンで作った器にチーズを入れ、トマトクリームソースがかかった鶏の唐揚げをチーズフォンデュして食べる料理のことです。

 

ホットプレートなら具材に火を入れながら、チーズを温めながらパネトンを楽しむことができます。豚肉は焼くだけなので、パネチキンよりも手軽です。

 

それぞれの具材にチーズを絡めて食べるもよし、トマトクリームにつけて食べるもよし、両方つけて食べるもよしです。トマトの酸味と濃厚なチーズのハーモニーが絶妙です。

 

パンにはトマトクリームソースが染み込んでいて、最後まで美味しくいただけます。丸型フランスパンが手に入らないときはバゲットでもOKです。

 

ホットプレートで!チーズフォンデュ(パネトン)の作り方

【材料(23人分)】

直径約15cmの丸型パン…1個 豚肉(焼肉用)…150g ソーセージ…4本 アスパラ…2本 ミニトマト…6個 塩・こしょう…各適量

 

トマトソース

A|トマトピューレ…150g  |生クリーム大さじ6  |おろしにんにく小さじ1/2  |塩・こしょう各適量

 

チーズソース

B|ピザ用チーズ…100g  |生クリーム大さじ6

 

【作り方】

1.豚肉は塩・こしょうをする。ソーセージは表面に切り目を入れる。アスパラは根元の硬い部分を切り落とし、ピーラーで45cmほど薄く根元側の皮をむき、幅5mmの斜め薄切りにする。 2.パンは上1/3ほどを切り落とし、真ん中にペティナイフなどで切り込みを入れ、スプーンなどで中身をくり抜いて器状にする。 3.ボウルにAを混ぜ合わせる。 4.耐熱容器にBを入れて混ぜ、ラップをして電子レンジ(600W)で1分ほど加熱してチーズを溶かす。 5.ホットプレートの半分にアルミ箔を敷き、を流し入れる。その上にをのせたら、くり抜いた部分にを流し入れる。ホットプレートを高温にし、とミニトマトを焼く。チーズソースやトマトソースにつけながらいただく。

 

この特集の記事一覧に戻る

 

PROFILE 田頭志保(たがしら・しほ)

フードコーディネーター・フォトグラファー。大学卒業後、新聞社にてカメラマンとして勤務。その後、料理と写真のテクニック、それに携わるフードコーディネーターの仕事に惹かれ、専門学校にて学ぶ。テレビや雑誌で現場技術を取得する傍ら、ロンドン〜中東での料理研究、写真活動を経て、現在フォトグラファー、フードコーディネーターとして活躍中。

 

取材・文/田川志乃 撮影/菅井淳子