日本でも人気のタイ料理「カオマンガイ」をおうちで作ってみませんか?こちらのレシピなら難しいこと一切なし!ホットプレート1つで少ない材料で簡単に作れます。子どもが苦手なパクチーや唐辛子などは使わず、身近な食材だけで作れちゃうんです。

 

今回は味の決め手となるタレのレシピを子ども用と大人用の2種類用意しました。子ども用のタレは甘みのある味噌ダレ、大人用はそこにお好みでナンプラーや辛味をプラスしてより本格的な味に仕上げます。

 

鶏の旨味を吸ったライスは生姜の香りが立ち、鶏肉はふっくら軟らか。そこにタレをかけると絶妙な美味しさです。

 

「普通の米でも作れますが、ジャスミンライスにすると香りもよく、パラッとしてより食べやすくなりますよ」と田頭さん。ぜひお試しください!

 

ホットプレートで!カオマンガイの作り方

【材料(2人分)】

米(あればジャスミンライス)…1.5合 鶏もも肉…2枚(400g) しょうが…1片 きゅうり…1/4本 トマト…1/2個 塩・こしょう各適量 水…300m A|酒大さじ1  |鶏ガラスープの素小さじ1 B|みそ大さじ2  |さとう大さじ1  |しょうゆ・ごま油・レモン汁各小さじ1 C|おろし生姜小さじ2  |ナンプラー小さじ1  |ラー油適量

 

【作り方】

1.米は研いでザルに上げ、10分程度おいて水けをきる。ボウルに入れ、分量の水に30分ほど浸す。 2.しょうがはせん切りにする。きゅうりは斜め薄切りにし、トマトは4等分のくし切りにする。鶏もも肉は余分な脂を取り除いて厚みを均一にし、両面に塩・こしょうをふる。 3.ボウルにBを混ぜ合わせる。お好みでCを入れる。 4.ホットプレートにAを入れてしょうが、鶏肉をのせ、高温にする。蓋をして沸騰したら低温にし、15分ほど炊く。水分がなくなったら再び高温にし、チリチリと音がしてきたら火を止めて10分ほど蒸らす。 5.鶏もも肉を取り出し、ひと口大に切る。きゅうりとトマトを添えた器にごはんと鶏肉を盛り、をかけながらいただく。

 

この特集の記事一覧に戻る

 

PROFILE 田頭志保(たがしら・しほ)

フードコーディネーター・フォトグラファー。大学卒業後、新聞社にてカメラマンとして勤務。その後、料理と写真のテクニック、それに携わるフードコーディネーターの仕事に惹かれ、専門学校にて学ぶ。テレビや雑誌で現場技術を取得する傍ら、ロンドン〜中東での料理研究、写真活動を経て、現在フォトグラファー、フードコーディネーターとして活躍中。

 

取材・文/田川志乃 撮影/菅井淳子