yoshi201906A-7515
『おかあさんといっしょ』の11代目・たいそうのおにいさんとして、14年間もの長い間活動をされていた、小林よしひささん。毎朝番組の人気コーナー「ブンバ・ボーン!」で子どもたちと一緒に元気に踊るよしおにいさんは、子どもたちはもちろん、私たちママにとってもヒーローのようでした! プライベートでは、0歳5ヶ月の娘さんのパパでもある小林さん。「小林よしひささん「たいそうのおにいさん卒業。37歳の転職」【前編】」に引き続き【後編】では、等身大のパパとして、育児についてのお話を聞かせていただきました。よしおにいさんも私たちと変わらないんだ!と、とても親近感が湧きました。

パパとしてのよしおにいさん。テレビの中と同じ、やさしさにあふれていました!


育児は毎日が新しいことの連続で、楽しい!

 

お子さんが0歳5ヶ月ということですが、まだまだ手がかかる時期ですよね。楽しいことや大変なことを教えてください  

 

小林よしひささん:

楽しいことも大変なことも、めまぐるしく毎日が過ぎていきます。日々が、新しいことの連続で。番組で14年間子どもたちと関わってきたとはいえ…育児となると、また全然違いますね。

 

そういった意見は、保育園の先生からもよく聞かれますよね。

 

小林よしひささん:

まさにその通りでで。毎日が勉強です。育児は大変なことの連続でもありますが、新しいことを知るということの楽しみもたくさん。目の前の子が日々成長している姿を見るのが、本当に喜びです。「小さいときって一瞬だよ」って話を、周りからよく聞くんです。そんな言葉を思い出すと、さらに娘と過ごす一瞬一瞬を噛み締めて過ごしていかなきゃな〜って。

 

yoshi201906A-7530

 

現在テレビなどのメディアで活躍されていてお忙しいとは思いますが、娘さんと一緒にいられる時間って取れていますか?

 

小林よしひささん:

そうですね、日によりますが、比較的取れているほうなのかな?仕事が忙しい日は朝早めに起きて、出かける前に娘と一緒に触れ合う時間を作るように、意識的に心がけています。

 

どんなことをして触れ合われているのでしょうか

 

小林よしひささん:

今は握るのがブームみたいなので、手を握りながら声かけをすると、ニコニコ笑ってくれます。これが本当に可愛くて!あとは、ジタバタするのが好きですね。適当に歌を作ってじゃれあってあげたりすると、笑うんです。そうすると「あ、これおもしろいの」って、どんどん歌や踊りを披露しちゃいますね(笑)

 

yoshi201906A-7521

 

お風呂と離乳食準備。率先してやっています!

 

娘さんとの時間を大切にされているとのことですが、小さな頃だとどうしても授乳などで育児がママメインになっちゃいませんか?

 

小林よしひささん:

そうですね。娘はちょうど最近、ミルクがイヤ!となり、母乳だけになってしまって。ミルクをあげることはできなくなってしまったのですが、それ以外のことに関しては極力妻のサポートをするようにしています。オムツ替えはもちろん、着替えやお風呂も、すべてやりますよ!お風呂は、私が一応メインの担当なんです(笑)。

 

最近の娘さんとの時間で、印象的だったことはありますか?

 

小林よしひささん:

ちょうど3日前くらいに、離乳食を始めたんです。 というのも、私が食事しているときに泣くので膝に座らせると、ずーっと私の手を見ているんです。それで、自分の手をパクって食べるんですよ。私が手を食べていると思ったみたいで(笑)。「手はおいしくないでしょ?」っていいながら、可愛いな〜って観察しているんですけど。それがこの間、ようやく「箸で食べている」ということに気づいたみたいなんです。だから、自分のスプーンを渡して遊んであげました。そうすると、ガッと握ったんですよ、すごい力で!これは始めどきかな、と、離乳食をスタート! まずは、10倍がゆから。作るのって、時間かかりますよね…。ブレンダーを買いましたよ(笑)。ただ最初は、やっぱり丁寧にやってあげようと思っていて。今朝も仕事に行く前に早めに準備して、作ってから「いってきま〜す」って出てきました。いまのところは食べることにすごく興味があるみたいなので、うれしいですね。

 

娘さんの小さなしぐさも、見逃さないんですね!

 

小林よしひささん:

 

はい。娘のいろいろな表情を見ていると飽きません。楽しいですよ!もちろん大変なこともありますが、楽しんでいけたらいいなと思っています。

 

yoshi201906A-7560