女性は子どもを産んだら、仕事を辞めて子育てに専念するのが当たり前?

働く女性が少なかった時代「ワーキングマザー」として生きた鈴。彼女の生き方は、育児と仕事の両立に悩む私たちの心を励ましてくれます。保育園全滅で職場復帰を断念した女性が、祖母の生き様に触れて、自分の生き方を見つめ直していくストーリー。

作者・芸子さんが、実の祖母を描いた作品です。

夜中に起こされて…母さんの部屋で見た絶望

幸の具合が良くなった。そう信じていた鈴が、母さんの部屋で見た光景…。兄姉の涙と幸を抱く母の姿に鈴は言葉を失うのでした。

作/芸子