注目のキーワード

注目のキーワード
コピーしました
お使いの端末は
この機能に対応していません

働くママの情報収集はどこで!?目的別のタッチポイントが明らかに

仕事

2020.04.13

top

vol.27 働くママの情報収集

育児、仕事、家事、社会のこと、ママたちが普段気になっていることをCHANTOモニターに大調査!ママたちの「どうして?」を「なるほど!」に変える記事をお届けします。vol.27は「働くママの情報収集」についてです。

 

ネットやテレビ、新聞に雑誌私たちの周りにはさまざまな情報が溢れています。流れてくる膨大な量の情報から必要なものをどう取り入れていくかは私たちが日々直面する問題でもあります。2017年にJR東日本企画が行なった「共働きママとメディアの関係」調査によると、専業主婦のママと比べて共働きママの方が「自分が欲しい情報をすぐに取得できる」「いろいろな分野のことに広く関心を持つほうだ」が上回っており、忙しい中でも働くママたちは情報収集について能動的に動いていることがわかっています。

 

では具体的にどのようなメディアからどんな情報を得ているのでしょうか?CHANTOモニターのみなさんに尋ねました。

各メディアの特徴をうまく活かして、欲しい情報を手に入れている

 

 

 

 

 

「家事・育児・仕事などの情報取得のために、普段よく見るメディアはどれですか?」という問いに、複数回答で答えてもらいました。

 

1位は「WEBメディア」が82票でダントツという結果に。

スマホですぐに欲しい情報が手に入り、通勤時間などちょっとしたスキマ時間にも確認できる手軽さが人気の理由のようです。「Yahooニュース」「LINEニュース」「スマートニュース」などのニュースメディアの他、「CHANTO WEB」を始めとするママ向けメディアが人気でした。ママたちは日々のニュースや育児情報などすぐに知りたい話題は即時性のあるWEBメディア上で手に入れていることがわかります。

 

2位は「Instagram」と「雑誌」が58票という結果となりました。

Instagramは、ファッション系のインスタグラマーや料理系のインスタグラマーをフォローしてチェックしているという人が多くいました。華やかな投稿が多い印象のInstagramですが、最近は着回し術や時短レシピ、メイクテクなど日常的にすぐ役に立つ投稿も多くなっています。そこで得るリアルな情報を生活に取り入れているママが多いようです。

 

雑誌については、即時性はない分、掲載される情報の信頼性や記事の深さが強みです。そのため、ママたちは自身が欲しいテーマにより読む雑誌を使い分けていました。よく読む雑誌には「CHANTO」などのママ向けの生活情報誌をメインに、ママ向けファッション誌、ビジネス誌などが上がっています。

 

4位は「テレビ」(48票)で、「ヒルナンデス」など世のトレンドを追うような番組が上がっていました。5位は「LINE」(31票)、6位「フリーペーパー」(26票)という結果に。園や学校の情報などはママ友とのLINEで、地元のイベント情報などフリーペーパーで…という人が多いようです。

 

回答を見ると、働くママたちは欲しい情報の種類や各メディアの特徴によって情報源を使い分けて情報を得ていることがわかりました。また、仕事に育児にと忙しいにもかかわらずニュース・育児・家事情報・ファッション・トレンド・地域の情報などバランスよく取得していることがうかがえます。

 

時間がないからこそ、効率的に有益な情報を手に入れる努力をしている人が多いのかもしれません。もし、欲しい情報があるのにうまく見つけられないと悩んでいるママがいたら、今回の結果をもとに触れていないメディアに積極的に関わってみてはどうでしょうか。

<<前へ戻る 次へ進む>>

特集TOPに戻る >

参考/イマドキファミリー研究プロジェクト https://www.jeki.co.jp/field/imafami/pdf/201803.pdf
取材・文/阿部祐子 イラスト/児島衣里

©️CHANTO調べ 調査期間:2019年12月23日〜2020年1月4日 調査対象:CHANTOモニター111
bottom

あなたにオススメの記事

仕事テーマ : 【働くママ調査】その他の記事

働くママ調査
もっと見る