コピーしました
お使いの端末は
この機能に対応していません

“就活メイク”で自分を偽ることなく、自由に表現できる伊勢半の「顔採用」の反響とは?

仕事

2020.10.31

2020.12.18

 

共働き時代に合った私らしい生き方・働き方を模索するCHANTO総研。

 

就活時にはリクルートスーツを身にまとい、周囲も含めみんな同じ姿。特に疑問にも感じず過ごしてきた方も多いのではないでしょうか?
今回は自分らしさを表現する就活を制度として取り入れた株式会社伊勢半の鈴木幸恵さんにお話を伺いました。

伊勢半の「顔採用」

制度名称:顔採用

導入開始日:2019年3月1日〜

対象者:弊社に入社を希望する卒業見込みの学生(就活生)

今までに利用した人数:非公開

 

株式会社伊勢半

コミュニケーション本部 広報宣伝部

鈴木幸恵さん

好きな自分を表現できるのが顔採用

──「顔採用」という言葉だけをみると、誤解を招きそうなインパクトのあるワードですよね。これはどのような制度なのでしょうか?


鈴木さん:

そうだと思います!「顔採用」は自分を表現する化粧品を扱う企業として画一的な“就活メイク”で自分を偽ることなく、自分らしい見せ方で弊社の面接に来ていただきたい、自分らしい見せ方を通して、自分を語っていただきたい、という意図で作った制度です。


──採用基準はなにで決まるのですか?


鈴木さん:

もちろん容姿で判断するわけではありません。好きなメイクや服装、そしてヘアスタイルなどを含め、自分らしさを自由に表現してもらう採用です。

説明会の様子 就活生は自由な服装で参加

──なぜこのような制度を導入したのでしょうか?


鈴木さん:

伊勢半のコーポレートブランドである「KISSME」では『私らしさを、愛せる人へ。』というメッセージを掲げています。これを伝える活動として2018年に『あるべきってないべき』をコンセプトとしたプロジェクトを実施しました。

 

「若いから~すべき」「女性だから~すべき」といった年齢や性別による「あるべき論」は、そもそもないべきだというメッセージを伝えるためのプロジェクトです。今回はその第2弾のプロジェクトとして、顔採用という取り組みを実施しました。2020年度の採用時には、型にはまらない自由な発想ができる人財を求め、商品企画職とデジタルマーケティング・広報宣伝職で募集をかけましたが、2021年度の採用から全職種を「顔採用」にしています。

──なぜ第2弾を「顔採用」に決めたのでしょうか?


鈴木さん:

新卒採用時において、画一的なドレスコードや就活メイクで行われていることに疑問を感じたのがキッカケです。このような就活時の不自由さを感じている学生が多くいるという問題を背景に、195年にわたり、化粧品を通してお客さまの美に寄り添い続けてきた企業として、またブランドとしての姿勢(私らしさを叶えるブランド)を体現すべく、型にとらわれない人財を採用したいと考え、このような施策を実施しました。

好きな服装をまとうことで会社が生き生きとした

──従来の常識を変えることでご苦労もあったのではないでしょうか。

 

鈴木さん:

そうですね。「顔採用」というネーミングにおいて、ネガティブな印象をもたれるのではないかという懸念もありました。しかし私たちはあえて「顔採用」という強い言葉を使うことで、就活メイク一辺倒の就活市場に疑問を投げかけ、個性の表現を楽しめるような就活が一般的になってほしいという想いがあったんです。

 

社内でも共感を得ることができましたので、就活解禁日が近づくにつれ、どんな応募がくるか楽しみにしていました。



──社員の方々の服装はどのようなものでしょうか?

鈴木さん:

社内においては顔採用をはじめると同時に、社内ドレスコードも撤廃しました。入社間もない社員から管理職、役員も含め自分らしさを意識した服装・メイクでの出社が定着化しています。

 

2020年に顔採用で入社した新入社員においてはエッジが効いたものから、デザイン性が協調されたもの、華やかなファッションなど、新入社員のキャラクター性の分かるファッションで毎日出社していますよ。生き生きとした新入社員のおかげで、会社全体がさらに活気づいています。

世の中的にも反響をもたらした

 

──「顔採用」は社外からの反響も大きかったのではないでしょうか?

 

鈴木さん:

そうですね、「顔採用」が解禁されると、検索ランキングや国内リツイートで上位にランキングしました。顔採用が拡散されると好意的なご意見が多く届き、共感いただける方も多く見受けられました。また他社企業においても、顔採用のような自分らしさを表現した採用を実施したいという声もあったようで、少なからず顔採用が影響を与えることができたと思っています。

──世の中的にも影響をもたらしたのはすごいですね!

 

鈴木さん:

制度を導入して本当によかったと思います!化粧品会社というと女性が多いイメージがあるかもしれませんが、2020年新卒対象の顔採用実施時は予想以上に男性からの応募も多くいただきました。

 

──今後目指していくことはありますか?


鈴木さん:

弊社は社員の半分以上が男性で、男性社員の育休取得の実績もあります。全社的にフレックスタイムや育児時短勤務などの制度が整い、産休・育休後の復職率は100%と全員が復帰しております。 “働きやすい”だけでなく、“働きがいのある”職場環境を叶えていきたいです。

 

”作られた自分”をはがすことで分かる、その人の真の姿。伊勢半は採用の段階でより自社にあった人財を採用することで、いざ入社した後の働きやすさに繋がっているようです。“就活メイク”で自分を偽ることなく、自由に表現できる「顔採用」、今後さらに導入企業が増えるといいですね。

【会社概要】

社名:株式会社伊勢半

従業員数:367名(2020年9月1日現在)

設立年月日:1947年(昭和22年)5月26日

業種:化粧品メーカー

事業内容:化粧品の製造販売

 

取材・文/ひなたきこ

あなたにオススメの記事

仕事テーマ : 【働き方】その他の記事

働き方
もっと見る