コピーしました
お使いの端末は
この機能に対応していません

CHANTO総研アワード2021結果発表!今年注目された働き方は?

仕事

2021.12.27

2021年取材実績の中から読者アンケートをもとに表彰施策を決定!!

CHANTO総研では、今年1年間に約50件以上の企業・自治体を取材。私たちの働きやすさをあと押しする施策を紹介してきました。

 

その施策のなかから、私たちが抱える課題解決に結びつくものを、アワードという形で生活者と一緒に選び「CHANTO総研・働き方フェス2021」で発表しました。

 

コロナ禍も2年目となり、社会・価値観の変化にどう対応していくかがより一層求められた今年。「変化に柔軟に対応できる」施策が高く評価されました。

コロナ禍前からの取り組みがリスク回避につながった

今年は以下の3つの企業施策が受賞となりました。

・週休3日制度(株式会社陣屋)

・スマートオフィス構想(株式会社ダンクソフト)

・短時間正社員制度(広島電鉄株式会社)

「週休3日制度」を詳しく知る

「スマートオフィス構想」を詳しく知る

「短時間正社員制度」を詳しく知る

企業成長と従業員の人生充実を両立させる施策

受賞したそれぞれの施策に共通するのは、“企業成長”と“従業員の人生充実”の両立を目指す姿勢。3社の取り組みは、私たちが今抱えている「働き方の課題」に気づくきっかけとなり、希望を感じさせてくれるものでした。

左上から時計回りに司会の大橋未歩さん、タレントのユージさん、相模女子大学大学院特任教授の白河桃子さん、陣屋の宮崎知子さん、ダンクソフトの星野晃一郎さん、広島電鉄の八木康夫さん

 

 

CHANTO総研は生きやすい社会の実現につながる新しい働き方について、今後も調査と発信を続けていきます。

あなたにオススメの記事

仕事テーマ : 【社会問題】その他の記事

社会問題
もっと見る