注目のキーワード

注目のキーワード
コピーしました
お使いの端末は
この機能に対応していません

「就業時間内に業務を完遂」これが若手の働く意欲を高める最優先事項

仕事

2019.07.02

最近“パフォーマンスの低下が気になる”部下はいませんか? もしかすると、その原因はモチベーションの変動かもしれません。ネット上では「部下のやる気」を高めるためのアイデアが寄せられていました。

 

大切なのは“信頼関係”!


新入社員を担当することになった男性は、「なんとかモチベーションを上げたい」と画策しています。「仕事を進める意欲が感じられません。『今日1日の仕事をこなせればそれでいい』と考えているらしく、モチベーションが低いです」とお悩み中。

 

男性のお悩みを受けて、ネット上では様々なアイデアがあげられました。最も多いのは「普段のコミュニケーション」に関する意見で、「どんな指導をする際にも“信頼関係”が大切。仕事の話だけではなく、楽しく雑談するだけでもかなり変わってくるはず」「会話の中にポジティブな仕事の話を混ぜて、少しずつ仕事への意識を変えていくと良いですよ」「部下に欠けてるのは、その会社で『どういう立場に就きたいか』というビジョン。将来的な展望を話してみるといいかも?」といった対処法が寄せられています。

 

普段のコミュニケーションについての意見では、「仕事が楽しく感じられるようになったら前向きに業務へ取り組める」といった「ポジティブな考え方」を重視する人が多数。部下が仕事に対して、前向きな姿勢をとることが大切なのかもしれませんね。

 

モチベーションを下げてしまう上司って?


モチベーションをアップさせるアドバイスは他にも寄せられています。「成功した経験があるとモチベーションが上がるはず。どんな簡単な業務でもいいので、遂行させて褒めちぎってみては?」「部下の考え方を指導に取り入れる。例えば指導の際に『自分が誰かに教えるとすればどうする?』と聞いて、実際に部下のいう方法をとらせてみたり…」「結局は部下の能力次第だとは思うけど、『うちにはこういった業務もある』と色んな可能性を見せてあげるのもひとつの手」といったアイデアが。

 

一方で「モチベーションをダウンさせる上司」の特徴も。「部下の管理をしないのに、ミスしたときだけ注意するのはNG」「自分のやり方を部下に押しつける人。手際や効率的な業務の進め方は教えるだけにとどめて、あとは部下が自分に合ったやり方を見つけるはず」「報連相を雑に聞き流してると、部下も雑に報連相するようになりますよ」「モチベーションが下がったときだけ話しかけたり、サプライズやイベントを開催するのは二流。モチベーションに波を作ることになる」などの特徴があげられていました。

 

「就業時間内に業務を完遂」がモチベアップの秘訣!?


実際のところ、職場の部下たちはどんなことでモチベーションが上がるのでしょうか? メディケア生命保険株式会社では、「若手とベテランの仕事に関する意識調査」を実施。若手とベテランとでは、モチベーションの根源が大きく異なるようです。

 

まず、20~29歳の若手に「どのようなことで仕事のモチベーションが上がるか」を質問。「就業時間内に業務を完遂すること」が28.6%で1位に輝きました。2位以降は「事前の計画通り業務を完遂すること」が27.6%、「難易度の高い業務を完遂すること」の26.8%が続いています。

 

一方で40~59歳の回答を見てみると、1位に入ったのは「難易度の高い業務を完遂すること」の30.0%です。次いで、「成果に見合った給料が貰えること」が28.2%で2位にランクイン。3位は「お客さまに感謝される、笑顔がみられること」の27.6%でした。

 

部下がどんなことでモチベーションを上げてくれるのか、しっかり見極めてマネジメントしていきたいですね。

 

文/古山翔

 

あなたにオススメの記事

仕事テーマ : 【マネジメント】その他の記事

マネジメント
もっと見る