注目のキーワード

注目のキーワード
コピーしました
お使いの端末は
この機能に対応していません

不倫・セクハラ・パワハラ…データが示す“人間関係が良い職場”を見分ける難しさ

仕事

2018.06.28

20180628syokuba01

職場の人間関係が良好だと、仕事もスムーズに行いやすいですよね。雰囲気の良さや仲の良さは気になりますが、入ってみるまで分からないことも事実。事前に見分けるコツがあれば知っておきたいものですが、働く前から職場の人間関係を見抜くことはできるのでしょうか。

 

気になる“職場での人間関係”


先日、とある女性向け掲示板で「人間関係が良い職場の見分け方」について意見が交わされていました。投稿者は「入ってみないとわからないことも多い」と前置きしながらも、できれば人間関係が良い職場で働きたいとのこと。見るべきポイントなどがないか、掲示板で意見を求めています。

 

これに他のユーザーからは、「結局入ってみないと分からない」「こればっかりは無理じゃないかな」「運に尽きる。入ってから判断するしかない」といった諦めの声が続出。やはり多くの人は、仕事内容はともかく雰囲気までは読み取れないと感じているようです。

 

いっぽうで、「しょっちゅう募集してるところはそれだけ辞めてる証拠」「面接の時に不愉快な質問してこないところ」といった具体的なアドバイスも。中には「ヤバイかなってところが意外と人間関係良かったこともあったよ」「第一印象で『ここで働きたい!』と思えた会社が不倫・セクハラ・パワハラの温床だった」といった体験談も投稿されています。

人間関係は離職理由の上位


人間関係が良いと労働者が働きやすいことは、データにも表れています。一般社団法人日本産業カウンセラー協会が公表した「2017年度『働く人からの悩み相談』統計結果」よると、「職場の問題」について寄せられた相談は1609件で全体の32.7%。件数トップだった「自分自身のこと」についての相談は34.8%なので、1位とほぼ変わらない人数が「職場の問題」に悩んでいると分かります。

 

内訳を見ていくと、「人間関係」に関する相談が42.3%でトップに。「職場の問題」で悩んでいる相談者の半数近くが、「人間関係」に悩んでいると明らかになりました。

 

さらに、2016年に厚生労働省が行ったWebモニターアンケート調査「若年者の能力開発と職場への定着に関する調査」によると、「初めての正社員勤務先」を離職した理由に「人間関係がよくなかった」と挙げた人は全体の24.3%という結果に。やはり働く上では、給与や待遇だけでなく人間関係も大きな判断材料になっているようです。

 

政府は「働き方改革」と称して労働環境整備に取り組んでいますが、法整備など大きなテーマが取り沙汰されがち。「人づき合い」という身近な問題にこそ、「働き方改革」のヒントがあるのかもしれません。

取材・文/牧野聡子

あなたにオススメの記事

仕事テーマ : 【ハラスメント】その他の記事

ハラスメント
もっと見る