2019.03.10

おなかにも脳にも嬉しい!もうひと頑張りしたいときの仕事中おやつ5選

■バナナ

フルーツの中でも持ち歩きやすく、食べやすいバナナもおすすめのおやつです。エネルギー補給に適しているバナナは、脳のエネルギー源となるブドウ糖を、非常に素早く補給できます。

またバナナには、ブドウ糖以外の糖質も豊富に含まれています。「素早く」栄養補給をすると共に、「持続性」も期待できるところが優れています。

さらにバナナには、トリプトファンというアミノ酸が含まれていて、心の安定に役立つことが分かっています。「もうひと頑張りしたい!」というときに、ぴったりのおやつですね。

 

■ラムネやグミ

75-2

最後に紹介するのは、より手軽に、コンビニなどでも購入可能なおやつです。小さくて目立たないラムネやグミは、職場でも食べやすいお菓子で、実は脳にも良いものです。

ラムネの主な原料はブドウ糖で、脳のエネルギーを手軽に補給できます。一方、食べるときによく噛む必要があるグミは、その「噛む」という行為こそが脳に良い影響を与えてくれます。人間は噛めば噛むほど集中力を発揮できると言われており、グミがそのサポートをしてくれます。

「噛む」という目的を達成するためなら、「ガム」を選んでも良いのですが、ガムは吐き出すタイミングが難しいもの。おなかを満たす意味でも、グミを選ぶのがおすすめです。

 

■まとめ

毎日のおやつタイムは、心も体も、そして脳もリラックスさせてくれる大切な時間です。ぜひ美味しいおやつと共に楽しみたいところですね。

どんなおやつを選ぶのかによって、脳の働きが変わってくる可能性もあり。「今日はもう少し頑張らなきゃ!」という場面では、ぜひ今回紹介した「脳にやさしいおやつ」を選んでみてくださいね。お気に入りのおやつを見つけたら、職場のデスクに、そっと忍ばせておくのもオススメですよ。

≪ BACK 1

2

佐藤 仁美

佐藤仁美です。
仕事をしながら子育て中です。日常にある疑問や発見を調べて解決して、記事にまとめています。