注目のキーワード

注目のキーワード
コピーしました
お使いの端末は
この機能に対応していません

「カッターを使う時は課長に報告!?」 注目を集める弊社の謎ルール

仕事

2018.11.08

work201811世の中には色々な会社がありますが、会社のルールとなる“社則”にもオリジナリティが出るもの。よく耳にするのは、服装や髪型など“見た目”に関する規定ですよね。しかし“そんなことがルールなの?”とびっくりするような社則もあるようです。

 

カッターを使う時は課長に報告!


ある女性は、「ノーメイク禁止かつメイクの色指定」の職場で働いています。特に接客業務は行っていませんが、会社としてのルールだそう。「他の会社はどんなルールがあるの?」と疑問を投げかけました。

 

まず注目を集めたのは、「カッターを使う時は課長に報告」という独特なルール。会社としては、取扱注意のカッターを“誰がいつ”使うかを把握したいようです。また3時のおやつがルール化されている会社の女性は、“なんのお菓子を選ぶかで密かなマウンティングがある”ことを告白。一見ほんわかする社則ですが、社員同士の微妙な競い合いが生まれてしまいましたね。

 

一方で、社員の“いらぬギクシャク”を予防する社則も。「“○○さん”と“○○くん”のどちらで呼ぶか微妙になるから、“〇〇さん”で統一されている」や、「うちの会社は役職のある人も“〇〇さん”と呼ぶ。いい意味でフラットな感じがやりやすい」といったルールが紹介されていました。

 

社内恋愛を禁止する会社側の理由とは


“会社の先輩と結婚しました”といったエピソードはよく聞くもの。これは社内恋愛の成功パターンですが、“男女間のルール”を設けている会社は多いようです。ある女性は「社内恋愛は可だけど、結婚する時は女の方が辞めるか転勤をしないといけない」と不満な様子。主な理由は「夫婦が近くにいると回りに気を遣わせるから」とのことで、“女の方が”の部分はちょっと不公平ですね。

 

また“上司と部下の恋愛”を禁止している会社もあって、「査定に“ひいき目”が出る」「経営上の重要事項が漏れる」などを防ぐのが狙い。ただしルールの周知には課題もあるようで、ネット上には「社内恋愛禁止って入社後に知った…」と嘆く人もいました。

 

一方で、ある20代のOLは「うちは社内恋愛禁止だけど、1個下の新人くんと付き合ってる。バレたらやばいのが逆にドキドキする…」「会社ではなるべく喋らないけど、たまに突然出くわすと焦る」とギリギリの恋愛を楽しんでいるようです。

 

ホウレンソウはしてはいけない? 変わった禁止事項がある会社


“働き方改革”で注目を集めているカルビーは、“オフィスダーツ制度”を採用。“フリーアドレス制”を導入する企業は増えているものの、結局は仲のいいメンバーが固まってしまうという課題があります。これを解消するために、カルビーでは“ダーツの代わりに社員証を端末にかざして、当たった(割り振られた)席に座る”というシステムを導入。部署によっては1日に2回も隣の人が変わるので、良くも悪くも新鮮さを感じられますね。

 

未来工業は「社員が日本一幸せ」といわれる電気・設備資材メーカー。独特なのは「ホウレンソウ禁止制度」で、文字通り“報告・連絡・相談は禁止”としています。上司は環境づくりに徹し、あくまでも“見守り役”。“指示待ち人間を生まない”という社長のメッセージを表した制度です。

 

他にも日本ヒルズ・コルゲートの「ペットが亡くなった場合に社員に休暇を1日与える制度」や、ドワンゴの「エンジニアの定時出社を促す“女子マネ弁当”制度」などユニークな制度は少なくないようです。

 

みんなで気持ちよく働くために、ルールはしっかり守りたいもの。加えて、“どんなルールがより良いのか”を考えることも大切かもしれません。

 

文/内田裕子

あなたにオススメの記事

仕事テーマ : 【コラム】その他の記事

コラム
もっと見る