注目のキーワード

注目のキーワード
コピーしました
お使いの端末は
この機能に対応していません

自宅での子どもの病気予防策に3/4のママが効果ありと実感!

仕事

2018.11.13

education201811

少しずつ寒くなり、インフルエンザや風邪が流行り始める季節になりました。子どもの病気はいつも突然やってくるもの。この時期には子どもがいつ体調を崩すかハラハラしてしまいますよね…。今回は、子どもの病気についてCHANTOウェブモニター142人にアンケートを実施。普段からの予防対策や、職場に迷惑をかけないために行なっていることなどを調査しました!

子どもの病気についてのアンケート


[アンケート1 子どもが病気になった時について]

子どもが病気になってストレスに感じることは何ですか?※複数回答)

1位 仕事を休むこと 57票

2位 自分や家族にうつること 30票

3位 会社に欠席の連絡をすること 13票

仕事が止まる、看病の長期化…
イライラしてしまう自分に自己嫌悪も

まず「子どもが病気になることでストレスに感じることは何ですか?」と質問しました。

1位は「仕事を休むこと」(57票)。突然休むことで、仕事は止まってしまううえ、会議の日程を再調整することになったりし、慌ててしまいますよね…。なかには「仕事を早退してお迎えに行ったのに、帰宅したらケロッと元気に遊んでいる姿を見るとイラっとしてしまう」と言う声も。

2位は「自分や家族にうつること」(30票)。「自分も感染してしまうと、具合が悪い中での看病がつらい」というコメントや「兄弟にうつると看病する期間が長引いてしまい、仕事に行けない」などの意見が届きました。

3位も、1位同様、仕事関係で「休むことを職場に伝える時にすごく罪悪感を感じる」ということ。「職場に穴をあけてしまうため、その分の仕事を他の人に受けてもらうための準備をしたり、お願いをして回ったりすること。みんな快く受けてはくれるけれど、申し訳なさでいっぱいです。繁忙期などには、子どもに対して”なぜ今…?”とイライラしてしまうこともあり、そんな感情を抱いてしまう自分への自己嫌悪もあります」というママのコメントにはもう共感しかないですよね。

1位と2位は共に、仕事が気になってストレスに感じることが共通しています。そのイライラで病気の子どもに優しくできない自分をまたストレスに感じてしまうというママたち。仕事が気になってしまうのは、裏を返せばそれだけ仕事に責任感を持って取り組んでいる証拠。子どもの病気は避けられないものですし、子どもと一緒にいれる時間が増えた、早く治して仕事を取り戻そうと割り切ると少し気持ちが楽になるかもしれません。

 

[アンケート2 子どもの病気の予防対策ついて]

g01©️CHANTO調べ

病気にふりまわされないために
予防しているママは9割近く

ママたちには子どもの急な病気にイライラしたりしないために予防策はとっているのでしょうか?「子どものインフルエンザや風邪予防のために行なっている対策はありますか?」という質問したところ、88%のママが「はい」と回答しました。子どもは保育園などで風邪をもらってきやすいもの。対策をして少しでも体調を崩すのを防ぎたいというママがほとんどでした。

>>NEXT  実際にとっている対策は、うがい手洗い

1 / 4 ページ

あなたにオススメの記事

仕事テーマ : 【産休・育休】その他の記事

産休・育休
もっと見る