ウタマロキッチン(食器用洗剤)が選ばれる理由は成分にある

食器用洗剤ウタマロキッチン

ウタマロ石けんでおなじみの株式会社東邦が、2012年から展開しているウタマロシリーズ。そのひとつが食器洗い用洗剤「ウタマロキッチン」です。

 

発売以来、多くの人に選ばれている、その特長や使い方とは?ウタマロ石けんのメーカー「株式会社 東邦」のご担当者・鎌田沙耶佳さんに、くわしく教えていただきました。

  

 

手肌にやさしいのに油汚れに強いウタマロキッチン、その理由は?

ウタマロキッチンの詰め替え用

ウタマロキッチン 430円(300ml)、詰替用 250円(250ml)
※ともにメーカー希望小売価格、税抜

 

「ウタマロキッチン」は、高級シャンプーなどに使われている、アミノ酸系洗浄成分を主成分とする中性の液体洗剤です。

 

食器洗い洗剤の中には、おもに「弱アルカリ性」と「中性」がありますが、一般的にガンコな油汚れに強いとされているのは「弱アルカリ性」。しかし、汚れ落ちがすぐれている分、手肌に負担がかかりやすいというデメリットも。

 

ウタマロキッチンの成分表示

そこで同社では「手肌にやさしい中性洗剤は、ガンコな汚れに弱い」という、相反する課題に向き合い、研究を行うこと丸3年。「手肌へのやさしさ」と「油汚れに強い」の2つを両立させた洗剤を開発しました。揚げ物などのしつこい油汚れもすっきり落とし、毎日の食器洗いに安心して使える心強いアイテムです。

 

基本の洗い方


「ウタマロキッチン」をスポンジに適量プッシュします。食器の量や汚れの程度にあわせて1〜3プッシュを使い分けてください。

 

【しつこい油汚れがスッキリ落ちる!】

・油がべっとり付いたお弁当箱

・天ぷらや揚げ物、カレーに使ったお鍋

・ヌルつきが気になるプラスチック容器

 

「ウタマロキッチン」選ばれる4つのポイント!


①「手肌へのやさしさ」と「汚れ落ちの良さ」を兼ね備えている!

しつこい油汚れをしっかりと落としてくれると同時に、環境にも配慮した原料を厳選しているため手肌へのやさしさにもこだわりがあります。

 

②「泡持ち」と「泡切れ」がいい!

ウタマロキッチンの泡持ち・泡切れの良さ

こだわったのは「泡持ち」と「泡切れ」。少ない量でも泡持ちが良いので、1回の洗いで、スポンジに何度も洗剤を継ぎ足す必要はありません。しかも食器がすべりにくくしっかり洗えます。また、泡切れが早いので、すすぎも簡単。時間や水道代の節約にもなります。

 

③片手でプッシュ!手軽なポンプタイプ

ウタマロキッチンのプッシュ回数

軽い汚れは1プッシュ、軽い油汚れは2プッシュ、ギトギトの油汚れは3プッシュ…と、押す回数によって使う量を調節できるポンプ式。洗剤の出しすぎも防げます。シンク脇に置いてプッシュして、サッと使えて便利です。

 

④スポンジ除菌もできる

ウタマロキッチンの除菌

放って置くと菌が繁殖しやすいキッチンスポンジ。「ウタマロキッチン」は定期的なスポンジ除菌※にもおすすめです。食器洗いの終了後、スポンジを固く絞り、原液8プッシュをまんべんなくスポンジ馴染ませます。次に使用するまで置いておいたら、除菌は完了です(※全ての菌を除菌するわけではありません)。

 

「わずらわしい食器洗いを少しでも楽に」という想いが込められた「ウタマロキッチン」。「手肌にもやさしいのに、ガンコな油汚れもしっかり落とす」という、2つの要素の両立にこだわっただけでなく、洗いやすさ(泡持ち)、すすぎやすさ(泡切れ)など、使いやすさも追求した便利な機能が充実! 毎日の食器洗いで感じる、さまざまな悩みを一気に解消してくれるアイテムです。

 

次の4記事目では、マルチに使える住宅用「ウタマロクリーナー」の活用術についてご紹介します。

 

株式会社東邦


1920年創業の大阪を拠点とする老舗の石けんメーカー。自社ブランドの「ウタマロシリーズ」(ウタマロ石けん、ウタマロリキッド、ウタマロクリーナー、ウタマロキッチン)の製造・販売をはじめ、洗濯洗剤などの日用品、ヘアケア、スキンケア化粧品、医薬部外品の製造・販売を行う。

 

取材・文/土居とも子 構成/松崎愛香 撮影/斉藤純平 取材協力/株式会社東邦

 

ちゃんと 編集部

働くママ向けの月刊誌『CHANTO』編集部。仕事、子育て、家事、自分。働くママの暮らしに役立つ情報を掲載中。CHANTO webでは最新号の記事内容を中心に紹介します。