コピーしました
お使いの端末は
この機能に対応していません

教育費破産に注意!必要な教育資金を今から貯める手軽な方法とは?

マネー

2020.07.11

2020.07.13

大学入学時に必要な最低200万円の貯め方とは?

教育関係の出費で最もまとまった金額がかかるのは、大学に入学した時。入学金や前期の授業料、すべりどめの大学に払う入学金などがかかります。教育費は、この時期を目指して貯めておけば良いでしょう。

 

金額の目安は、最低で200万円。地方から上京して都心の大学に進学し一人暮らしをするという場合は、アパートの敷金・礼金や引っ越し費用を考えて、あと100万円ほど多めに貯めておくと安心です。

 

残りの学費も貯めておくに越したことはありませんが、大学に入学してから工面するのでも間に合います。

 

教育資金を貯める方法は、預貯金をベースにして一部はつみたてNISAなどを使って貯めるというのもひとつの手です。

 

かつては、大学の入学資金は学資保険で貯めるのが定番でした。しかし、今は満期時の返戻率が低く、払い込んだ保険料の総額よりも少ない金額しか戻ってこないケースも少なくありません。

 

おすすめは、「児童手当に手をつけず、貯めておくこと」。現在、児童手当は3歳未満が月1万5000円、3歳~中学卒業までが月1万円ですから、すべて貯めると総額で198万円。それだけで、大学入学時に必要な金額がしっかり貯められます。

 

子どもが小さい時の「教育費のかけ過ぎ」に注意!

これまでの家計診断の経験からいうと、むしろ気をつけたほうがいいのは「教育費のかけすぎ」です。

 

「子は宝」と、お金をかけたくなるのはわかります。けれど、小さな頃から塾や習い事に行かせ、小学校や中学校から私立に通わせた結果、“老後の資金がない”という相談は少なくありません。

 

また、高校までに教育費をかけすぎて、大学入学時に手元のお金が足らなくなり、ほぼ奨学金や教育ローンを利用することになるケースも見かけます。それらは利息を支払わなければなりませんから、余計な出費が増えることになります。

 

弊社では23,000件の家計相談から、手取り月収の中の理想的な教育費の割合を導き出したのですが、目安は5~6%。最大でも10%が限界です。

 

月収40万円の家庭だとしたら、月2万円~2万4000円です。これ以上かけるのは身の丈に合っているとはいえません。

 

それでも「もっと教育費をかけたい」ということであれば、子どもの教育だけでなく、老後の資金やマイホームの購入資金などもトータルで見て、「我が家は、教育費にどれぐらい使えるのか」を冷静に計算しましょう。

 

<<前へ戻る 次へ進む>>

連載TOPに戻る

 

文/杉山直隆 イラスト/村林タカノブ

2 / 2 ページ

あなたにオススメの記事

マネーテーマ : 【家計管理】その他の記事

家計管理
もっと見る