注目のキーワード

注目のキーワード
コピーしました
お使いの端末は
この機能に対応していません

収入の柱を複数持って、ママでも柔軟に働きたい!

マネー

2017.09.01

【この記事は、CHANTOママライターによるウェブ限定記事です】

                       

ライター名:はないまさこ

 

私は、「家計運営における最大のリスクヘッジは共働きを続けること」だと考えているため、仕事はずっと続けていきたいと考えています。

しかし実際には、残念ながら女性は出産・育児・介護・夫の転勤など家庭の事情やライフステージの変化によって同じ会社で働き続けることが困難になる場合も多いのが現状です。

そのような場合に備えて、組織で働く事に執着せず、収入を得る柱を複数持っていることができたならば未来の家計は安心だと思いませんか?

もちろん、複数の収入は会社員として働く今の家計も助けてくれます。

 

私の現在の収入の柱は3つ。

 

①会社員としてのお給料

②ライフオーガナイザーという資格を生かした週末の副業

③資産運用の収益

 

 

収入のメインはもちろん①会社員としてのお給料です。

長年働いてきた会社で正社員として働く安心感はやはり大きいです。

 

②のライフオーガナイザーというのは、思考と空間の整理のプロの資格です。

20170901-1

私はとにかくお片付けが大好きで、好きが高じて約1年前に取得しました。

20170901-2

副業として週末にお片付けサポートや講座を行っていきたいと考えていますが、現在はフルタイム勤務+2児の母として忙しくしており、あまり活動はできていません。いずれ子育てが落ち着いたらばライフワークとして本格化させたいと考えています。

お金のためだけではなく、好きなことを仕事にしたい、子育てが一段落した後に夢中になれる楽しみを持っていたい、という気持ちも大きいです。

 

そして子育てと仕事の両立で忙しいママにこそ適しているのが、③資産運用からの収益です。

私は現在、投資信託と始めたばかりのFXで1ヶ月に数万円の収入を得ています。

投資信託とは、専門家に投資や運用をお願いする金融商品です。

 

投資信託のメリット:

1)詳しい知識がない初心者でも始めやすい。

2)少額から買うことができる。

3)貯金感覚で1ヶ月1万円ずつ、などと積み立てることもできる。

4)国内・海外の株価指数・株式・不動産・債券などに分散して投資をすることができ、リスクを軽減できる。

5)購入後は、基本的にほったらかしでOK。手間はあまりかかりません。

 

 

 

デメリットは、

1)多少のコストがかかる

2)銀行の預金とは違い、元本割れのリスクがある

 

経済情勢や為替によって価格は変動しますが、資産運用の中では比較的ローリスク・ローリターンであり、長期に運用することで安定して運用益を得る可能性が期待できます。

もっと積極的に資産運用を行いたい場合、FXは自分の力量次第で収入を増やすことができます。FXとは外国為替証拠金取引のことで、外国通貨を売買し、その為替レートの差額が収益となる金融商品です。

 

FXのメリットは、

1)子育てママにとっての魅力は、家でも仕事の合間でも24時間、好きな時間にスマホ1台で投資ができる

2)少額から始めることができる

3)外貨預金などに比べコストが圧倒的に安い

4)レバレッジを使うことで手持ち資金よりも大きな額の取引ができ、大きな利益を得る可能性がある

 

 

FXのデメリットは、

1)為替変動によるリスクがある

2)金利変動によるリスクがある

3)レバレッジがあることで、損害が大きくなる可能性がある

 

私も以前はFXはギャンブルみたいで怖い、大損する、というイメージを持っていたのですが、実際にやってみると頭を使うとても知的なマネーゲームだと感じています。リスクの大きさは自分でコントロールすることができ、外貨預金感覚で低いリスクで運用していく方法もあります。

もちろん投資信託もFXも始める前にしっかり知識を得る必要があります。私は投資に関する本を読んだり、初心者向けのセミナーに積極的に参加して勉強をしています。

20170901-3

そして投資信託の値動きや為替は当然世界経済や政治と密接に関連していますので、朝から経済ニュースと日経新聞をしっかりチェックするようになりました。経済政治に敏感になることは、本業の会社員の仕事にも役立つと感じています。

投資の運用益はまだお小遣い稼ぎ程度ですが、それでもプラスになったときは少しだけ贅沢なランチを家族にご馳走したり、欲しかったピアスを買ったり、とても楽しんでいます。

これからますますしっかり勉強して投資による稼ぎ力をあげていくことで、将来の働き方に変化を起こせたらと思っています。

あなたには収入の柱がいくつありますか?

あなたにオススメの記事

マネーテーマ : 【投資・副収入】その他の記事

投資・副収入
もっと見る