注目のキーワード

注目のキーワード
コピーしました
お使いの端末は
この機能に対応していません

4つのスクワットで下半身が引き締まる効果を実感!

女性の健康

2020.09.05

 

スクワットをする女性

3回目の今回紹介するのは、下半身のトレーニング・スクワット。誰でも知っているトレーニングではありますが、いったいどんな効果があるのでしょうか?

 

スクワットの効果は腹筋の数倍!?

 「スクワットのメリットはたくさんありますが、注目したいのは鍛えられる筋肉の多さです。この動作で、お尻や太ももに加えて、ふくらはぎや背中の筋肉を同時に動かすことができるんです」とは、早稲田大学大学院スポーツ科学研究科・博士の久保孝史さん。

 

他にも、ヒップアップ効果や姿勢改善など、スクワットは嬉しい効果がたくさん!

 

「あまり運動をしてこなかった人が急にスクワットをしても、途中でつらくなったり、ひどい筋肉痛に悩むことに。まずは、簡単にできるものからスタートすると、身体が適応していきますよ」

スクワットを始める時の4ステップ

メリットたくさんのスクワット。まずは、椅子を使ったものから始め徐々に強度を上げていきましょう。

 

<下半身のエクササイズ>

①椅子を使ったスクワット(両足)

=======
鍛える部位: 脚、お尻
回数:まずは10回程。慣れてきたら回数とセット数を増やしていく
時間:13分程度(あくまでも目安です)
=======

1】足を肩幅に広げて、椅子の前に立つ。つま先は若干ハの字に広げる。
2】お尻を後ろへ突き出すように、股関節から折り曲げる。膝があまり前に出ないよう注意する。
3】お尻が椅子につくまで降ろしたら、ゆっくりと元の姿勢に戻る。

 

転ばないように注意して行いましょう。この動作を3セット程できるようになったら次のステップに移りましょう。

 

②椅子を使ったスクワット(片足)

=======
鍛える部位: 脚、お尻
回数:まずは10回程。慣れてきたら回数とセット数を増やしていく
時間:13分程度(あくまでも目安)
=======

1】片足を上げて、椅子の前に立つ。
2】片足は上げたまま、お尻を後ろへ突き出すように、股関節から折り曲げる。
3】お尻が椅子につくまで降ろしたら、ゆっくりと元の姿勢に戻る。
※片足分(10〜30回程)が終わったら、もう片方でも同じ動作を繰り返します。

 

>>NEXT 他にもあるスクワットのやり方

1 / 2 ページ

あなたにオススメの記事

女性の健康テーマ : 【生活習慣】その他の記事

生活習慣
もっと見る