注目のキーワード

注目のキーワード
コピーしました
お使いの端末は
この機能に対応していません

息苦しさも「巻き肩」が原因?! 背中の筋肉が〝伸びて前かがみ〟で固まると…

女性の健康

2020.02.27

「肩や背中がいつも凝っている」「疲れがなかなかとれない」そんな症状に悩まされていませんか? もしかすると、それは「巻き肩」になっているのかもしれません。体にさまざまな悪影響を及ぼす「巻き肩」について、理学療法士が原因や予防方法をご紹介します。


巻き肩になってしまう原因とは

 

iStock.com/SB


「巻き肩」とは、両方の肩が体よりも前にズレてしまって、縮こまっている状態のこと。真上から見たときに、肩が内側に巻き込んでいるように見えることから、そう呼ばれます。

一般的には、スマホやパソコンを長時間使用することが原因となって、起こりやすいといわれています。

「頭が前に出て、背中が丸まり、肩甲骨が外に開いた姿勢」を長時間とり続けることによって、胸の前面の筋肉が縮まり、背中や肩甲骨の筋肉が伸び切ってしまった状態なのです。

また「横向きで寝る癖がある人」も要注意。下にある肩が前に出た状態で、上半身の体重がのしかかると、結果的に巻き肩となる可能性があるのです。

 

>>NEXT 巻き肩のデメリットが意外と怖い!?

1 / 4 ページ

あなたにオススメの記事

女性の健康テーマ : 【生活習慣】その他の記事

生活習慣
もっと見る