コピーしました
お使いの端末は
この機能に対応していません

一度感染すると完治しない「口唇ヘルペス」再発時の正しい対処法

女性の健康

2020.01.20

ヘルペスの原因は?人に移る?

 

iStock.com/Avesun

 

口唇ヘルペスは「単純ヘルペス1型ウイルス」に感染することが原因で引き起こされます。

感染力がとても強く、キスや食べ物の口移しなどによる患部への「直接的な接触」、タオルや食器の共有による「間接的な接触」によって引き起こされます。

 

 「単純ヘルペス1型ウイルス」は、一度感染すると体のなかからいなくなることはありません。

症状がなくても三叉神経節に潜んでおり、疲労や風邪、ストレスなどによって免疫力が低下すると再発を引き起こします。

ヘルペスの症状が出ているときは、体の中の「単純ヘルペス1型ウイルス」が増えている状態です。

抗体を持っていない人や、持っていても抵抗力が落ちている人にうつしてしまうこともあります。

 

口唇ヘルペスは子どもの頃、気づかないうちに感染していることが多く、20〜30代では半数の人に抗体があります。

大人になって初めて感染すると重症化しやすく、発熱やリンパ節の腫れなどの症状を伴い入院治療が必要となることも。

口唇ヘルペスを発症したらマスクを着用し、口唇周辺に触れたらすぐに手を洗うなど、周囲への配慮が必要です。

 

>>NEXT 初めて発症したら病院へ

2 / 4 ページ

あなたにオススメの記事

女性の健康テーマ : 【病気】その他の記事

病気
もっと見る